チベットの核

地下水、土壌の汚染


「現在まで、中国のすべての核廃棄物はコンクリート製の地下施設に貯蔵されているが、その安全性は、およそ十年間ほどしか確保されていない」と中国国営「中國核工業集團公司」の安全局局長は言う。

「1980年から1985年に1,200人が放射能により健康を害し 、20人が死亡した。放射能が漏れたことへの責任は、放射性廃棄物処理の規則に従わなかった管理者にもあるだろう」と中国国家環境保護局。

コンクリート容器に入れられて地中に埋められている放射性廃棄物やその他の軍事廃棄物も、風化作用により外部へと浸出し、地下水を汚染するようになるが、この地下水が、飲料、そして灌漑用に使用されるのである。地下水は、中国の水源の中でも大きな比重を占めている。

チベットからの報告によると、アムド (青海省) での地下水供給が急速に減少していることが確認されている。地下帯水層は飲料水を供給する主要な水源であるが、一度汚染されてしまうと浄化することは不可能である。このことから考えても、地下水汚染はその種類や量に関わらず憂慮すべきことであるが、とりわけそれが放射能汚染の場合には、事態は一層深刻となる。


チベット亡命政権情報・国際関係省環境開発部(EDD)発行
「グリーンチベット」1998年ニュースレターより


現在のチベット

チベット本土の基本情報と歴史

チベットの文化と習慣

チベット仏教