真実のレポート〜2008年3月の蜂起から現在までの拷問の実態〜(1/8) ICT作成/国連拷問禁止委員会提出資料

チベット本土の基本情報と歴史

チベットの文化と習慣

チベット仏教

2008年9月 The International Campaign for Tibet(ICT)

このレポートは、第41回 拷問禁止委員会会議において、中国における審議に向けて提出された第4回定期報告書である。ここには、2008年3月から9月までの間にチベット本土で行われた人権蹂躙の事実が記されている。

7. 報復的実力行使と強制連行(失踪)問題

3月の抗議活動に続いて行われた取り締まりについて特筆すべき特徴として「失踪問題」が挙げられます。
チベット人が自宅もしくは僧院や修道院から連れ去られる時、そのほとんどは真夜中です。

これは、4月14日以来、チベット高原地帯全域で大規模に起きました。文化大革命以来、もしくはそれ以前から、連れ去られることによる失踪が、どの程度の規模なのかはっきりと知られていません。
わかる限り最も確かなことは、中国の刑事訴訟法においても求められている通知手続きを無視する形で、今日においても続けられているということです。

3月14日以降、ラサに於いては、ほとんどのチベット人の家庭で、誰かしらが失踪しています。あるチベット人情報提供者によれば、これは言わば「第二次文化大革命」のような状況であるとのことです。

Print Friendly, PDF & Email