「テールズ・オブ・テラー チベットでの拷問」 1999 TCHRD発行

チベット本土の基本情報と歴史

チベットの文化と習慣

チベット仏教

鋭い痛みを与える拷問

元拘留者や囚人たちによって報告されている拷問の手法には、以下の様なものもある。イラクサでむち打つ、皮膚を針でつきさす、指の爪の下に竹串を挿入する、四肢、特に足首の関節をハンマーなどで叩く、曲がった釘のついたバットで叩くなどである。 木の棍棒(端から釘の突き出た棍棒などもある)や鉄の棒で殴打し、肉を引き裂くといった報告もされている。

Print Friendly, PDF & Email