ダライ・ラマ法王 来日履歴

これから開催するイベント

9日目-1 仙台・講演/「未来はあなたたちの手に」ダライ・ラマ法王、日本人高校生に語りかける

2011年11月6日 記:ピコ・アイヤー(Pico Iyer)

雨の日曜日の朝、法王は仏教系の聖和学院高校に赴いた。高校生たちは歓迎の横断幕を掲げ、列を作って法王を迎えた。 黒い制服を着て、静かに歌を歌う高校生の行列は講堂まで続いていた。その後、高校生たちは小さな黄金仏が中央に鎮座する舞台の前で、大太鼓の音に合わせて般若心経を唱えた。

「未来はあなたたちの手のなかにあります。二十世紀には、知性を間違ったやり方で使うことで暴力が引き起こされました。二十一世紀はじめの今、私たちは二十世紀の過ちや、昔は気が付かなかった問題に直面しています。結局、暴力によっては何も解決されなかったので、非暴力の重要性が高まっています」と、法王は高校生に語りかけた。

彼は、高校生たちに、国境のない世界において「日本ではなく地球全体という尺度」で物事を考え、しっかりした将来の見通しをもてば、青く美しい地球を幸せで健全で、平和な場所にできる、と語った。そのためには知性を使うことが求められるが、知性だけでは十分でなく、温かい心が知性を導かなければならない、と語った。

ある高校生が、法王の健康の秘密について質問すると、法王はこう答えた——「医学的に考えると、健康の土台となるのは心の平和です。問題を持っていない人はいません。大切なのは、そうした問題をどのように捉えるかであり、問題の捉え方により人間は強くも弱くもなるのです」。宗教について尋ねられると、法王はこう答えた——「日本人は原爆を体験したので、反核運動が盛んです。皆さんは、現実世界で軍縮を実現するため世界の人々を導いていかなければなりません。そうするためには、心の内側の軍縮についても今以上に注意を払う必要があるのです」。

もう一人の高校生が、長く、難しい質問を読み上げた。それは、外部世界が認識する自己と、自分が自分自身で認識する自己があるとき、どちらがリアルな自己か分からない、というものだった。法王は、自己には実質がないという「空」の概念について簡潔な説明を行った。それは今回の日本滞在における前半の旅程で、本格的な仏教探求者たちを前に行ったものと同じものだった。それは、聴衆の高校生たちに対し、法王が究極的な敬意を表したことの証左であり、同時に仏教を信奉する人々に対する全き祝福でもあった。


 (翻訳:吉田明子)

Print Friendly, PDF & Email

関連リンク

8日目-2 石巻・法要/「悲劇を前向きに捉え、再建に取り組もう」—法王、津波の被災者に呼びかけを行う
9日目-2 郡山・講演/法王、福島県在住の被災者に対し、困難を乗り越える力について語る