1965年 第20回国連総会

1965年

1965年6月16日 フィリピンは、国連総会担当事務次長宛にエルサルバドル、ニカラグア、フィリピンの要請に基づき、チベット問題を第20回国連総会仮議事日程に掲載するよう書簡で提出。

議題採択は賛成多数により採択決定。

賛成41


ニュージーランド、パナマ、パラグアイ、ペルー、フィリピン、サウジアラビア、スペイン、タイ、トルコ、イギリス、アメリカ、ベネズエラ、アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ボリビア、ブラジル、カナダ、セイロン、チリ、台湾、コロンビア、コスタリカ、ドミニカ、エクアドル、ギリシャ、エルサルバドル、グァテマラ、ハイチ、ホンジュラス、アイスランド、インド、アイルランド、イスラエル、イタリア、日本、ルクセンブルグ、マルタ、マレーシア、オランダ

反対26


パキスタン、ポーランド、ルーマニア、ソマリア、シリア、ウクライナ、ソ連、アラブ連合、アルバニア、ユーゴスラビア、アルジェリア、ブルガリア、ビルマ、ブルンジ、白ロシア、カンボジア、コンゴ、キューバ、チェコスロバキア、エチオピア、ギニア、ハンガリー、イラク、マリ、モンゴル、ネパール

棄権46


ニジェール、ナイジェリア、ノルウェー、ポルトガル、ルワンダ、セネガル、シェラ・レオーネ、スーダン、シンガポール、南アフリカ、スウェーデン、トーゴ、トリニダードトバゴ、ウガンダ、チュニジア、タンザニア、上ボルタ、ウルグアイ、イエメン、ザンビア、アフガニスタン、カメルーン、中央アフリカ、チャド、キプロス、ダホメ、デンマーク、フィンランド、フランス、ガボン、ガーナ、イラン、ジャマイカ、コートジボワール、ヨルダン、ケニア、クウェート、ラオス、レバノン、リベリア、リビア、マダガスカル、マラウィ、モーリタニア、メキシコ、モロッコ

 

Print Friendly, PDF & Email

政権組織の紹介

亡命チベット人憲章

主な政策

世界各国との関係