ニュース

ニュース

最新ニュース

これから開催するイベント

チベット仏教僧バリー・カーズィン博士来日講演会 「心の平安をいかに保つか −西洋人医師から見たチベットの知恵」

Print Friendly, PDF & Email

2008年6月26日(木) 19:00〜21:00 会場:リバース


わたしたちはどうすれば毎日を、自分らしく活き活きと生きてゆけるのでしょう?
人間関係や仕事、健康などの問題で、困難にぶつかったときにも 他人に対しても自分に対しても、やさしさや思いやりの心を見失わずにいるにはどうすればいいのでしょう?

アメリカ人医師にしてダライ・ラマ14世の元で チベット仏教の比丘に認定され、三人の有名なチベットの高僧たちの死後まで治療に当たる等、さまざまな独特で奥深い経験を持ち、いま真摯にチベット仏教を学ばれているバリー・カーズィン博士とともに、自らの中にコンパッションを育んでゆく道について体験談を交えながら、実践やシェアリングやディスカッションを通して学んでゆきます。

∇  バリー・カーズィン博士プロフィール
日時 6月26日(木) 19:00〜21:00
場所 リバース
東京都中央区東日本橋1-4-9-2F
主催 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
協賛 有限会社オープンセンス
申込方法 以下のフォーマットでメールにてお申し込みの上、料金をお振込み下さい。
お申込宛先E-Mail : mail05@opensense.jp
————————————
【タイトル】6/26バリー博士東京講演会
【本文】
■お名前
■郵便番号・住所
■電話番号
■参加人数
■職業
————————————
料金 2,500円(学生割引1,500円)
振込み先:みずほ銀行日本橋浜町出張所支店
普通口座 1011586 ユ)オープンセンス
お問合せ オープンセンス (TEL)03-5820-0909

バリー・カーズィン博士 プロフィール  Barry Kerzin, M.D

チベット仏教の僧侶、教師、また医師として活動中。バークレイのカリフォルニア大学にて哲学の学士取得後、南カリフォルニア大学にて医学を学び、ワシントン大学の医学部助教授となる。のちに、インドのブッダガヤにて、ダライ・ラマ法王から比丘の戒を受ける。幼少期、命を脅かす病気にかかったことがきっかけで医師になり、さらに親や妻という身近な人の死を続けて体験したことから、仏教の道に入る。チベット亡命政権のある北インド・ダラムサラに18年間暮らし、高血圧の治療に効果のあるチベット伝統医学の研究や教育を行う。またその間、2ヵ月間から3年間の瞑想修行も行う。ダライ・ラマ法王の推薦もあり、仏教の修行を続けながら人々の治療にあたる。過去に、アメリカ家庭医学理事長を5回務め、アメリカ家庭医学会の研究者でもある。アメリカやインドで仏教の講話をするとともに、大乗仏教の中観派哲学についての著書も記している。19年間の勉学と瞑想修行に励んだ後、ダライ・ラマ法王により比丘に認定された。また、三人の高名なチベット僧の死に際する治療にあたった経験も持つ。高僧たちは、チベット仏教で最高次の精神状態とされる深い「光明」の瞑想に入ったままで死を迎える。こうして死をむかえた高僧たちの体は、その後数日から数週間、腐ることなく体温も温かいままである。ここ数年は、ウィスコン大学医学部のリチャード・デイビッドソン、アントイン・ルッツ、またプリンストン大学のジョナサン・コーヘン、ブレント・フィールドと共に、神経科学の研究にあたっている。

Print Friendly, PDF & Email