ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ダライ・ラマ法王日本代表部事務所について>ダライ・ラマ法王日本代表部事務所代表ご挨拶

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所代表ご挨拶

タシデレ、こんにちは! 日本に戻って来たことを大変嬉しく思っています。ダライ・ラマ法王ならびにチベット中央政権(CTA)の日本/東アジア代表という責任を任されたことを光栄に思っております。

本来でしたら、6月から東京のダライ・ラマ法王日本代表部事務所で勤務するはずでしたが、中国起源の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、予定通り着任することができませんでした。

日本は、私にとって大変親しみのある国です。ここ日本で、私は成田山新勝寺の奨学生として勉学に励みました。成田山新勝寺での生活は、日本文化と日本語への理解を非常に深めてくれました。後に、私はインドのチベット中央政権の一員として働くようになり、2005年にダライ・ラマ法王日本代表部事務所の事務局長として着任し、それから6年間ここで働きました。日本のスポンサーの方々、支援者の方々、ボランティアの方々には大変お世話になり、皆様の存在は大きな励みでありました。この事務所で土曜日に開催していたチベット語やチベット文化の勉強会のことも、とても懐かしく思い起こされます。

チベットと日本の関係を辿ると、神話時代まで遡ります。日本列島に最初に住み着いたのは、薬草を調達するためにチベットからやって来た人々であったと云われているからです。数字を読み上げても、チベット語と日本語には興味深い共通点があり、両国を結ぶ遠い過去の名残に触れているような気持ちになります。20世紀初頭には、10人を超える日本人がチベットを訪れました。彼らの使命はさまざまでしたが、チベットと日本が、あるいはチベット人と日本人が緊密な仲を築くことができるよう懸命に取り組まれました。その努力を、私たちは忘れてはいけないと思います。

古代よりチベットは、豊かな文化、宗教、歴史を有する平和な独立国家でしたが、1950年に共産中国によって不法に占領されてしまいました。私は、チベット人として生まれたこと、そして抑圧的な全体主義体制の下にある人々の自由と正義のために働く使命を任されるというカルマをいただいたことを大変嬉しく思っています。

チベット中央政権が目指しているのは、チベット本土における自由を取り戻し、チベットの自然環境を保護し、チベット高原を平和地帯とすることです。チベットに自由を取り戻すことは、チベット人の非暴力の精神、平和主義に基づいた精神文化、良心と信頼ある世界を育むのに役立つ仏教の教えを促進することを意味します。チベットの環境を保護するならば、地球温暖化と氷河融解を抑止することになり、東南アジアの主要な河川の周囲で暮らす人々を水害から救うことができます。そしてチベットを非武装の平和地帯とするならば、長年にわたり国境をめぐって小競り合いを繰り返してきた近隣諸国に平和と安定がもたらされるでしょう。

これまで代表を務めてこられた方々のように、私もダライ・ラマ法王の四つの使命に取り組む所存です。その使命とは、1) 人間価値の促進 2) 異なる宗教間の調和の促進 3) チベット問題の解決 4) ナーランダー僧院の伝統として引き継がれてきた仏教の保護ならびに促進です。

こんにち、チベット問題は国際的な問題となりました。これは不法占領の問題であり、環境・文化・宗教における大虐殺の問題であり、基本的人権の侵害に関する問題です。ゆえにチベット問題において勝利することは、平和、正義、人道において勝利することを意味しているのです。

こうした理由から、私は一所懸命に取り組んでまいる所存ですので、皆様のあたたかなご支援とご指導を賜りますよう心よりお願い申し上げます。皆で力を合わせて、ダライ・ラマ法王が描いておられる、戦争・暴力・不公平のない世界を実現しましょう。そして共に、新型コロナウイルスの世界的蔓延と闘っていきましょう。ありがとうございました。

2020年10月24日
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
代表 アリヤ・ツェワン・ギャルポ

(翻訳:小池美和)
Representative's Message

Tashi Delek and Konnichiwa! It is a great feeling to be back in Japan, that too, as the Representative of His Holiness the Dalai Lama and the Central Tibetan Administration (CTA). I take this as a great honor to be entrusted with the responsibility to represent our people and the cause here in Japan and East Asia.

I was supposed to join this office in the month of June, but because of the China originated Coronavirus pandemic, I could not join in time.

I have a close feeling with Japan. I studied here under Naritasan Shinshoji Temple's scholarship. My stay at the Temple greatly enhanced my understanding of Japanese culture and the language. Later, I joined the service of Central Tibetan Administration (CTA) in India, and in 2005 I was appointed the Secretary of this office and worked here for six years. I am indebted to the Japanese sponsors, supporters and volunteers who were great inspiration. I am also nostalgic about the Saturday Tibetan language and culture classes we organized here.

Relationship between Tibet and Japan dates back to the early myth that the first human inhabitants of the Japanese Island were Tibetans who came here to source medicinal plants. Similarity in counting systems and the language are some interesting distant vestiges which connect the two communities. There were more than ten Japanese who visited Tibet in the early 20th century on different missions. They tried hard to bring the two nations and the people closer. We need to remember their effort and contribution.

Tibet has been a peaceful independent nation since ancient times with rich culture, religion and history. It was illegally occupied by the Communist China in 1950. I am happy to be born as a Tibetan and that my Karma had entrusted me with a mission to work for freedom and justice of the people under the repressive totalitarian regime.

The goal of the Central Tibetan Administration (CTA) is to restore freedom in Tibet; save the deteriorating ecology of the region; and make the Tibetan plateau a zone of peace. Restoration of freedom in Tibet will mean to promote the Tibetan non-violent, pacifist spiritual culture and teachings which will benefit humanity in creating a moral and responsible world. Saving Tibetan ecology will deter global warming, melting of glaciers, and save the major rivers of South-east Asian countries. By demilitarizing and making Tibet a zone of peace, peace and stability will be ensured along the long skirmish-ridden borders of some South-east Asian countries.

Like my predecessors, I will continue to further the four commitments of His Holiness the Dalai Lama, i.e. 1) promotion of human value; 2) promotion of religious harmony; 3) resolution of Tibet issue; and 4) preservation and promotion of Nalanda tradition of Buddhist teaching.

Today the Tibet issue has become an international issue; it is an issue of illegal occupation; ecological, cultural and religious genocide; and violation of basic human rights. Tibet represents the victims of repressive regimes around the world. Therefore, the victory to Tibet issue means victory to peace, justice and humanity.

To this effect I hope to work hard and I request your kind support and guidance. Let us all work together to realize the vision of His Holiness the Dalai Lama, a world without war, violence and injustices. Let us also take care and fight this Coronavirus pandemic together. Thank you!


Arya Tsewang Gyalpo

24/10/2020


歴代代表のご挨拶

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

■ゆうちょ銀行

 口座記号番号:00100-1-89768
 加入者名:チベットハウス

■三菱UFJ銀行

 支店名:新宿通支店(店番:050)
 口座種別:普通
 口座番号:2999213
 口座名義:特定非営利活動法人 チベットハウス・ジャパン