六道輪廻図

クリックで拡大【JPEGファイル 2.90MB】
チベットの伝統的な六道輪廻図

中心の円は、衆生が六道に輪廻する根本原因を追求すれば、無知 (無明)・怒り(瞋恚)・貪り(慳貪)の三毒煩悩にほかならないことを示している。豚は無知、蛇は怒り、鶏は貪りの象徴である。
次の円は、衆生が糾える縄のごとく、苦しみの多い世界(悪趣)と少ない世界(善趣)で生死を繰り返していることを示している。向かって右半分は悪趣、左半分は善趣であり、輪廻世界にある限り、本当に苦しみから逃れることはできない。
次の大きな円は、六道それぞれの世界の様子を表している。上が天、右上が阿修羅、左上が人間、右下が畜生、左下が餓鬼、下が地獄である。
最外周の円は、十二縁起のそれぞれを示すものだ。上の右(12時と1時の間の位置)から時計回りに、無明・行・識・名色・六処・触・受・愛・取・有・生・老死を、象徴的な絵で表明している。衆生が輪廻世界に生死を繰り返す原因関係は、十二縁起によって分析的に説明できるのだ。

(実践 チベット仏教入門の著書から引用)

ご購入方法

  • 1枚 ¥1,000(送料無料)
  • 『お名前、ご郵送先、ご連絡先、ご希望の仏画と枚数』を当事務所までご連絡の上、以下の口座に料金をお振込み下さい。当事務所の連絡先
    ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(チベットハウス・ジャパン)
    〒161-0031 東京都新宿区西落合三丁目26番1号
    TEL:03-5988-3576 FAX:03-3565-1360
    E-mail:tibethouse.jp@tibet.net
銀行:ゆうちょ銀行
支店:019支店(ゼロイチキュー支店)
種類:当座
口座番号:0089768
口座名:チベットハウス
Print Friendly, PDF & Email

関連記事