ニュース

ニュース

最新ニュース

これから開催するイベント

米議会、ダライ・ラマにゴールドメダル 中国は猛反発

Print Friendly, PDF & Email

(2007年10月18日 朝日新聞)

米連邦議会は17日、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世に最高の栄誉をたたえるゴールド・メダルを授与した。チベット独立を警戒する中国は猛反発しているが、授与式にはブッシュ大統領も出席。ブッシュ氏や与野党幹部が中国にチベットとの対話を相次いで呼びかけるなど、中国に対する痛烈なメッセージとなった。

授与式は議会の円形広間であり、ダライ・ラマはブッシュ氏とペロシ下院議長に挟まれる形で着席した。現職の米大統領がダライ・ラマとともに公の場に姿を見せるのは今回が初めて。中国への配慮からこれまでのダライ・ラマのワシントン訪問の際には大きな行事は開かれていなかった。

ブッシュ氏は中国の胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席と9月に会談した際に、授与式への出席を直接告げた。

式典でブッシュ氏は「米国は宗教的に抑圧された人たちの苦境を見て見ぬふりはできない」と強調。「ダライ・ラマを中国に受け入れるよう、中国の指導者への働きかけを続ける」と述べた。

ラントス下院外交委員長(民主党)は「ダライ・ラマを北京に招いて真剣に対話することほど、北京五輪に向けた雰囲気を整えるものはない」と指摘。共和党のマコネル上院院内総務は「米議会はチベットを支持する」と宣言した。

ダライ・ラマはこれに対し、「中国人のチベット流入が急速に進んでいる」と強い懸念を表明しつつ、「私が求めているのは独立ではなく、中国の中での意味のある自治だ。分裂を図っているとの中国の非難は当たらない」などと訴えた。

中国はイラン核問題に関する高官級協議への出席を取り消すなどして訪問に抗議しているが、ブッシュ氏は「ダライ・ラマを尊敬しており、宗教の自由を支持している」と式典出席に踏み切った理由を説明。出席しなければ議会との間で姿勢の違いが際だち、「中国に配慮しすぎ」との批判が起きかねないことも考慮したと見られる。

ただ、ブッシュ氏は16日にダライ・ラマとホワイトハウスで会談した際には、執務室ではなく住居部分で会談。会談写真も発表しないなど極力目立たないように努めた。

米連邦議会の円形広間で17日、授与されたメダルを掲げる
ダライ・ラマ14世。右端はブッシュ大統領=ロイター

ダライ・ラマに授与されたメダル=AP

Print Friendly, PDF & Email