ニュース

ニュース

最新ニュース

これから開催するイベント

甘孜(カンゼ)のチベット人が刑務所内での激しい拷問が原因で死亡


(2011年8月12日)

2011年8月10日、チベット人元政治犯ティンレが亡くなった。刑務所での激しい拷問による肉体および精神疾患が原因であった。

ティンレは2009年4月、友人とともに甘孜(カンゼ)で「チベットに自由を!」と叫び、抗議活動を行いながらチラシを配っていた。ティンレは逮捕後、7か月間甘孜留置所に身を置かれた。この間、ティンレは拷問を受け、激しく殴られた結果、頭にひどい傷を負い、精神的にも不安定な状況となった。ティンレは釈放されてから亡くなるまでもこれらの疾患に苦しんでいた。家族はティンレを様々な病院へ連れて行ったが、すべて無駄であった。医師は、ティンレの頭の傷は深刻で、完全に治療はできないと述べた。このため、ティンレは自宅で家族から世話を受けていた。そして、今月10日、自宅で息を引き取った。

25歳前後と思われるティンレは、甘孜郡ビリ・セルカー村で生まれた。母はリンチェン・ドルマ、父はルブムである。2人の間には4人の子供がいた。

TCHRDはチベット人の同胞が不幸な死を遂げたことを悲しんだ。TCHRDは中国当局の手の中にある多くのチベット人政治犯の健康状態、治療の状況について大いに懸念している。


(翻訳:亀田浩史)