ニュース

ニュース

最新ニュース

これから開催するイベント

活仏出国 宗教問題再燃必至 中印関係に波及か

Print Friendly, PDF & Email
2000年1月7日
毎日新聞
カルマパ17世 (AP Photo / HO)
カルマパ17世 (AP Photo / HO)

チベット仏教カギュ派の最高位にあるカルマパ17世(14)が中国を出国し、7日までに亡命中の同仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世と面会したことは、チベットをはじめとする中国国内の宗教問題に影響を与える可能性がある。出国の真相は明らかではないが、インド政府がカルマパ17世の保護に動けば、中印関係への波及も避けられないだろう。

中国政府が7日発表した「亡命ではない」との内容の談話が事実であるにせよ、17世が出国後、ダライ・ラマの元に身を寄せたとすれば、当局が大きな衝撃を受けるのは間違いない。

カギュ派はチベット仏教の4大宗派の1つ。カルマパ17世は8歳だった1992年2月、ツルプ寺で活仏だった先代16世の生まれ変わりとして中国政府に承認されている。これは1959年3月のチベット動乱後、ダライ・ラマが亡命して以来、中国が活仏を承認した初のケースとされる。

Print Friendly, PDF & Email