ニュース

ニュース

最新ニュース

これから開催するイベント

中国当局 チベット人学生50人逮捕 – 中国のチベット政策の「非情さ」を示唆 –


2000年5月25日
ダラムサラ

「ダラムサラの難民学校を卒業したばかりのチベット人の青少年50人をチベットとネパールの国境で逮捕に及んだという中国政府の最近のこういった行動は、中国がチベット問題に対して非情な態度をとっていることを示している」とチベット亡命政権情報・国際関係省の情報局長、トゥプテン・サンペルは述べた。

彼らが逮捕されたのは、今年3月下旬〜4月の中旬のことである。インドの亡命チベット人社会が運営する難民学校での修了試験を無事に終え、チベットにいる両親の元へ戻る途中だった。

情報筋によると、彼らはそのままシガツェのニャリ刑務所(Nyari prison)へ、そのうちの何人かはニャリ刑務所からラサの刑務所へ護送となった。報告によれば、政治的活動に関与した嫌疑で逮捕されたらしい。またその報告は、当局がすでに拘留した学生たち数名に懲役刑を言い渡した、と伝えている。

「学生たちはみな18歳以下だ。『子供の権利条約』によれば、18歳以下は政治的な罪に問われないことになっている。もし中国が彼らの刑の執行を主張するつもりなら、公正な裁判となるよう国際法廷でやるべきだ」とトゥプテン・サンペル情報局長。

トゥプテン・サンペル情報局長は続ける。
「中国政府は、学生たちがインドで教育を受けることを決めたことに面目がつぶれ怒ったということが逮捕の本当の理由だと、私たちは思っている」

「中国のプロパガンダは 『チベットの民衆のために偉大なる教育の機会』と常に主張している」

「もし中国当局が自分たちのプロパガンダを証明するため頭を悩ませ、実際に公正で有意義な教育の機会をチベットに提供しているのであれば、どうして子供たちはインドにやって来なければならないのか。学生である彼らを逮捕するよりも、中国政府はチベットでのチベット人のための教育の機会を見直すべきである」