ニュース

ニュース

最新ニュース

これから開催するイベント

中国チベット自治区で昨年夏から日本人3人不明

Print Friendly, PDF & Email
1999年7月7日
毎日新聞

北京の日本大使館が7日明らかにしたところによると、中国チベット自治区を訪れた日本人男性3人が昨年夏から行方不明になっていることがわかった。3人が同一行動を取り、事件・事故に巻き込まれた可能性もあり、現地の公安当局などが情報収集に当たっている。

消息がわからないのは京大工学部修士課程・三好隆弘さん(25)/静岡大法学部学生・櫛引克彦さん(23)/元日本通運社員・二見哲也さん(29)。

これまでの調査によると、三好さんは昨年6月23日までチベット自治区の区都ラサのホテルに、また櫛引さんは同8月6日にツアーでチベット入りしたことがそれぞれ確認された。櫛引さんはこれに先立ち同6月にもチベットを訪ねており同17日、二見さんと西南部のシガツェから西へ向けて出発したことがわかっている。

3人は旅行前は交友関係はなく、チベットで知り合って一緒に移動していた可能性が高いという。

Print Friendly, PDF & Email