ニュース

ニュース

最新ニュース

これから開催するイベント

ロサン・デレ・ケン・リンポチェ(ギュメ寺第101世管長)による『一切悪趣救済観世音菩薩の許可灌頂』開催のご案内

Print Friendly, PDF & Email

2019年3月吉日

一切悪趣救済観世音菩薩は、タプ・ロサン・テンパ・ギャルツェンの転生者とされたタプ・ドルジェチャン・カルキオンポ(1765~1792)が、霊位相承(神秘体験)によって感得した本尊である。タプ・ドルジェチャン・カルキオンポには、このような浄相による伝授によって本尊から直接授けられたとされるものが13種類ある。その一つが、2016年にダライ・ラマ法王により勤修されたチッタマニターラ尊灌頂であった。この一切悪趣救済観世音菩薩は一度受ければ、来世、悪趣に生まれることは無いとされる。ロサン・デレ阿闍梨の得意の灌頂の一つで、2017年にインドに亡命中のセラ寺チェ学堂で勤修された際には、僧侶だけでなく多くのチベット人が集まり、この灌頂の功徳に預かった。近年では2017年にラダックでダライ・ラマ法王も、この一切悪趣救済観世音菩薩の灌頂を勤修されている。

開催概要


イベント
一切悪趣救済観世音菩薩の許可灌頂
阿闍梨
»  ロサン・デレ・ケン・リンポチェ

(ギュメ寺第101世管長)

日時
2019年5月11日(土)14:00~17:00(受付開始:13:00)

※時間厳守でお願い致します。

会場
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(チベットハウス・ジャパン)

東京都新宿区西落合 3-26-1

» アクセス

お志
お一人様 1万円
  • お申込み後、こちらからメールまたはFAXにて振込先をご案内させていただきます。
  • お振込みをもって登録完了といたします。
持参品
念珠、筆記用具
定員 50名
通訳
» 平岡 宏一 先生

(清風中学校・高等学校校長/種智院大学客員教授)

服装 露出の多い服装(ミニスカート等)はご遠慮下さい。
申込方法
以下の内容をご記入の上、メールまたはFAXにてお申込ください。

  1. 件名:許可灌頂申込
  2. お名前
  3. 郵便番号
  4. ご住所
  5. 電話番号
  6. メールアドレスまたはFAX番号
  7. 生年月日
  8. 性別
申込締切
2019年4月30日(火)

※定員になり次第締め切らせて頂きます。

その他
  • 昼食は出ませんので、あらかじめお食事はお済ませください。
  • 休憩時には、お茶、お菓子のご用意を致しております。
主催 NPO法人Samayaプロジェクト21
協力 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
問合せ先
NPO法人Samayaプロジェクト21
〒600-8189 京都市下京区東洞院通五条下ル二丁目福島町515番地
TEL:(075)352-0804
FAX:(075)352-0900
E-mail:info@samaya.jp
URL:NPO法人Samayaプロジェクト21
闍梨:ロサン・デレ・ケン・リンポチェ

  • 1939年 ティウカム・カルゼ地方生まれ、7歳で出家
  • 1957年 ラサのセラ寺チェ学堂へ入門
  • 1959年 チベット動乱の際にインドヘ亡命
  • 1987年 顕教の最高学位ゲシェー・ハランパ獲得〔ゲルク派の第1位(仏教博士号)〕
  • 1988年 密教学習のため、密教総本山ギュメ寺に入門
  • 1990年 ギュメ寺所属のゲシェー(仏教博士)密教問答大会第1位
  • 2002年 ダライ・ラマ法王の指名でギュメ寺副管長就任
  • 2005年 ギュメ寺第101世管長就任
  • 2008年 管長任期満了
  • 2012年 ダライ・ラマ法王の指名でセラ寺チェ学堂管長就任
  • 2017年 セラ寺チェ学堂管長退任

セラ寺にはチェ学堂・メ学堂の両学堂があり、5,000人の僧侶が在籍しており、ロサン・デレ・ケン・リンポチェはその中で最高の秀才と言われている。とりわけ、“空”に関しての理解が深く、ゲルク派では畏敬の念を込めて“ミスター入中論”と渾名されている。

通訳:平岡 宏一【ひらおか・こういち】

  • 昭和36年 大阪生まれ
  • 昭和63年5月~平成元年12月 インドのギュメ密教学問寺に留学
    外国人として初めてCertificateを受ける(正式に伝授された事を示す証明書)
  • 平成 9年 高野山大学大学院博士課程(密教学専攻)単位取得退学
ダライ・ラマ法王通訳歴
  • 平成11年 アメリカインディアナポリスにおいて「カーラチャクラ灌頂」通訳
  • 平成18年 広島県宮島において「胎蔵・金剛界灌頂」通訳
  • 平成23年 高野山大学において「チベット密教 金剛界マンダラ灌頂」通訳
  • 平成26年 種智院大学において「密教と即身成仏の法話」通訳
  • 平成26年 高野山大学において「チベット密教 胎蔵マンダラ灌頂」通訳
  • 平成28年 清風学園において「チッタマニターラ尊灌頂」通訳
著書
  • 平成6年 訳書 ゲルク派版『チベット死者の書』学習研究社
  • 平成22年 共著 新アジア仏教史09チベット『須弥山の仏教世界』佼成出版社
  • 平成26年 共著 『アジアの灌頂儀礼―その成立と伝播―』法藏館
  • 平成30年 単著 『秘密集会タントラ概論』法藏館
  • 他 論文多数
Print Friendly, PDF & Email