ニュース

ニュース

最新ニュース

これから開催するイベント

ポタラ宮前での焼身抗議者、チベットの人気歌手と判明


2022年3月5日
スタッフ・リポーター
ラジオフリーアジア(RFA)

チベットの人気歌手ツェワン・ノルブ氏(25)のプロモーション写真。彼は2022年2月25日、チベットの象徴であるラサのポタラ宮前で焼身抗議を行い、その後死亡した。(RFAより)
ツェワン・ノルブ氏は、中国の抑圧的な政策に非暴力的に抗議して焼身抗議者を図った。2009年以降158件目の焼身抗議である。

2月25日に首都ラサにあるチベットの象徴・ポタラ宮前で抗議のスローガンを掲げ、焼身自殺を図ったチベット人男性は、人気歌手のツェワン・ノルブ氏(25歳)であったことが判明した。このことは、3月5日土曜日、当該地域とインドの情報筋よりラジオフリーアジア(RFA)に伝わった。

彼は2月25日に焼身抗議の後死亡したが、当初は警察によって阻止されたと報じられていた。

「チベット国内の信頼できる情報筋によると、ツェワン・ノルブは中国政府への抗議のために焼身自殺を試み、死亡した」ことを亡命チベット人はRFAに語った。

ツェワン・ノルブ氏が死亡した場所や日時はすぐには確認できなかった。RFAは、ラサ市内にいる彼の家族や親族と連絡が取れなかった。情報筋によると、彼の母、ソナム・ワンモ氏は、中国国内では著名なアーティストであるそうだ。

ノルブ氏のSNSアカウントのコメント欄は哀悼のメッセージが殺到したために停止され、彼が遺した多くの歌は、現在多くの中国の音楽アプリケーションから削除されているようである。詳細は こちら


(翻訳:Kyoka Hoshiyama)