ニュース

ニュース

最新ニュース

これから開催するイベント

チベット難民、敗戦も幸せ

Print Friendly, PDF & Email

2001年7月2日
コペンハーゲン(The Star)

土曜日、チベット難民達で構成されているサッカーチームは、グリーンランドのアマチュアチームと対戦し、友好的に4−1で敗れたが、しかし、ヒマラヤのチームは、盛大な拍手喝采を浴びながら、ゲーム後のフィールドを大きな旗を持って走り回った。

「我々は、勝ち負けのために試合をした訳ではない。」とストライカーのテンジン・ダルギャルは語った。
「我々は、チベット人の為に戦った。私の人生でこんなに幸せだったことは未だかつてない。」

チベット全域の統治権を主張し、国家としての記述を拒絶する中国は、試合に意義を唱えた。しかし、デンマークの権威は、個人が計画したイベントだったと言い、試合を中止することを拒否した。

チベットチームは、グリーンランドの良く組織されたチームに対して勝ち目がないと見られていたが、試合開始11分目に得点を入れた。フォワードのロブサン・ノルブはグリーンランドゴールキーパー、ルネ・ジャンセンを抜くシュートを放ち、コペンハーゲン郊外のヴァンローゼ・スタジアムの5,010人の観衆を沸かせた。

多数のグリーンランド人とデンマークに住むチベット人を含む観衆は、地方紙が配布した4,000以上のチベットとグリーンランドの旗を振った。

Print Friendly, PDF & Email