ニュース

ニュース

最新ニュース

これから開催するイベント

チベット仏教の伝統的な読経音楽 グラミー賞受賞!


(2004年2月9日 AFP)

(ダラムサラ)2月9日、ダラムサラから60km(38マイル)の郊外にあるカングラ渓谷のシェラブリン僧院(チベット仏教カギュー派)が、チベット仏教の読経のアルバム「Sacred Tibetan Chant」でグラミー賞のトラディショナルワールドミュージック部門のベストアルバム賞を受賞、亡命チベット人は歓喜に湧いた。チベット人のコミュニティーはこれからチベット文化に国際的関心が集ることを強く期待している。

今年の第46回グラミー賞では、ビヨンセ・ノウルズやアウトキャスト、ジャスティン・ティンバーレイクたちが受賞した。シェラブリン僧院の僧たちが受賞したこの賞は小さなカテゴリーではあったものの、受賞のニュースは、ダライ・ラマを含む100,000人のチベット人の本拠地であるインドのダラムサラにあっという間に拡がった。

「すばらしいニュース。これは、チベットの豊かな精神的な音楽が国際的に認められたというだ」
チベット亡命政権スポークスマン トゥプテン・ザンペル

アルバム「Sacred Tibetan Chant」には、『ンガ・チェン』(大太鼓)、鼻から空気を取り入れながら吹き続けて演奏が非常に難しいとされるオーボエのようなチベットの儀式用楽器で『ギャリン』などと共に、チベット仏教僧の読経が入っている。

Sacred Tibetan Chant
アルバムジャケット写真
2月8日LAでの授賞式 AP写真