書籍・DVD・映画情報

チベット仏教からの幸せの処方箋

Dr.バリー・カーズィン 著 / 丸山 智恵子 訳

四六版 186頁 単行本(ソフトカバー)
定価:1800円+税
発行:オープンセンス
編集協力:ヒューマンバリュー総合研究所
ISBN:978-4-903363-15-8
発売日:2011/06/15

 

 

 

アメリカ人であり、医師でもある著者Dr.バリー。

身近な人の死をきっかけにチベット仏教の道に入り、ひとりの僧として生きてきました。
自分の人生を通じて、人生を問い直すきっかけにしてほしい、という想いのもと日本各地で行ってきた講話の一部をまとめました。

ダライ・ラマ法王から30 年近く直接学び、修行を続けてきた著者による、困難に向き合う・正しく対処するための智慧が、ふんだんに散りばめられています。
Dr.バリーのもつユーモアと、本物の仏教の智慧が見事に合わさり、単に読みやすいだけでなく、日本で誰もが体験している、〈新しい現実〉をみつめ、受け入れ、生きていく道しるべ、そして杖となる一冊です。

(序文より)

私たちはどうしたら、永続的な幸せをもたらすことができるのでしょうか。(中略)
私は読者のみなさんが、意味ある人生を送る助けとなるきっかけを本書で見つけるだろうと信じています。 —————ダライ・ラマ14世

目次

  • 序 私とチベット仏教との出会い
  • 第一部 心の本質
    • 第一章 癒して癒される慈悲の心
    • 第二章 心の本質にふれる
  • 第二部 患者への敬意と尊厳を育てる 医療現場における慈悲の実践
  • 第三部 瞑想の実践 心と脳の可能性を拡げる
    • 第一章 瞑想を通して育む心
    • 第二章 脳科学者による瞑想と慈悲の研究
  • 第四部 質疑応答
Print Friendly, PDF & Email

書籍・DVD・映画情報

政権組織の紹介

亡命チベット人憲章

世界各国との関係