ニュース

ニュース

最新ニュース

これから開催するイベント

ダライ・ラマ法王、アマラヴァティーへ到着


(2006年1月3日 ダラムサラ Phayul.com

ダライ・ラマ法王は、2006年1月2日、ナガルジュナ聖地を参拝されました。ナガルジュナ(龍樹)は、仏教関係者から仏教に最も貢献された8人の中の一人として尊敬されています。

ダライ・ラマ法王も、ナガルジュナが説法された場所で「根本中論」を唱えました。ナガルジュナは、若い頃にこの地で過ごし、後にナランダの方に移動されました。ダライ・ラマ法王は1956年にこの聖地を参拝されていますが、その当時は現在の湖はなかった、と記者団に告げています。

ダライ・ラマ法王は「現在残っている仏像や仏塔も大切だが、それもよりももっと大切なのは、釈迦の教えそのものである。仏教徒は、もっと真剣にお釈迦様とナガルジュナの教えを勉強すべきだ。」と関係者に語っています。

ダライ・ラマ法王は、1月3日アマラヴァティーに到着。第30回目のカーラチャクラの灌頂を予定されています。

■ 2006年1月 アマラヴァティーにおけるカーラチャクラの日程

5日土地供養と準備の儀式
6日土地供養と準備の儀式
7日土地供養と準備の儀式
8日前行(予備説法)(1日目)
9日前行(予備説法)(2日目)
10日 前行(予備説法)(3日目)
11日 カーラチャクラ 奉納舞踊
12日 予備灌頂
13日 カーラチャクラ灌頂(1日目)
14日 カーラチャクラ灌頂(2日目)
15日 カーラチャクラ灌頂(3日目)
16日 一般の為の長寿灌頂・ダライ・ラマ法王の為の長寿灌頂、マンダラの見学及びマンダラの解体