ニュース

ニュース

最新ニュース

これから開催するイベント

ダライ・ラマは占領下のチベットには転生しない

Print Friendly, PDF & Email

2002年1月8日
サルナート(ヴォイス・オブ・アメリカ)

チベットの精神的指導者ダライ・ラマは、中国占領下のチベットや他の中国の領土内での次のダライ・ラマの生まれ変わりはないと、改めて明言した。

1月8日、北インドのサルナートでの演説で、ダライ・ラマは、死後にチベットが自由になっていない場合、ダライ・ラマはどこかの自由な国で生まれ変わるだろうと語った。

このダライ・ラマの声明は、ダライ・ラマの死後に、その転生者を選ぶことを中国当局にやめさせようとすることを意味すると見られている。

6年前、中国政府とダライ・ラマは、チベット第2の転生活仏パンチェン・ラマの生まれ変わりの少年としてそれぞれ違う少年を認定した。

中国当局は、ダライ・ラマによって認定された少年をずっと拘留している。少年の両親も拘留されたままである。

ダライ・ラマ14世テンジン・ギャッツォは、現在66歳で北インドで亡命生活を送っている。

Print Friendly, PDF & Email