ニュース

ニュース

最新ニュース

これから開催するイベント

ダライ・ラマ、チベット自治のための積極的な役割をインドに求める


2002年1月6日
ニューデリー

中国の朱鎔基首相のインド訪問に先だって、チベットの精神的指導者ダライ・ラマは、チベットが長い間要請している自治の実現にむけて、インドがもっと積極的な役割をすべきであると語った。

朱首相は、1月13日にインドに到着する予定で、最初のインド公式訪問となる。 「平和会談が失敗に終わり、チベット人に対する手酷い鎮圧が始まって何年か経ち、私は、国際社会が、特にインドがチベットの自治を後押しするよう、もっと積極的な役割を担ってくれるはずだと思っている」と、ダライ・ラマは、1月5日に行われたセミナー「チベットとインド—共有関係」で、こう述べた。

「中国の支配からチベットを自由にするための絶え間無い努力は続く」ことを強調したノーベル平和受賞者でもあるダライ・ラマは、「完全な独立」から、譲歩して「自治」を求め、なんとか打開策をうちだし、チベットの遺産と環境を救おうとしている。

「チベットで何が起きているかと言えば、宗教の自由に対する情け容赦ない攻撃だ。チベット仏教僧は逮捕され、僧院は閉鎖され、中国による森林伐採と核廃棄物投棄などによるチベット高原の環境破壊がすすんでいる」と、ダライ・ラマは述べた。