ニュース

ニュース

最新ニュース

これから開催するイベント

カーラチャクラ 無事に終了


(2003年1月20日 チベット亡命政権)

(ブッダガヤ)1月19日、15万人が参加した第28回カーラチャクラ灌頂が、無事終了した。100国以上から2,000人以上の外国人の参加、チベット国内からも2,300人の参加があった。ダライ・ラマ法王は、カーラチャクラ参加者たちに長寿灌頂を行い、こう祝福した。

「ブッダガヤは仏教徒にとって最も尊い聖地であり、皆さんがまたこの聖なる土地に来ることを祈ります」

チベット亡命政権の宗教・文化大臣トゥプテン・ルンリック

カーラチャクラという仏教儀式の中で最大イベントを大成功に終えることができ、嬉しく思っております。この尊い仏教聖地において、ダライ・ラマ法王猊下よりカーラチャクラの灌頂を頂き、心から感謝申し上げます。無事にカーラチャクラを終えることができたのもひとえに、インド政府とガヤ州の行政関係者と地域住民の方々のご支援・ご協力のお陰です」

「長寿灌頂の吉日にダライ・ラマ法王は、ゲルク派のガンデン・ティーパ(座主)にルンリック・ナムギャルを任命した。カーラチャクラ本堂に前ガンデン座主ロサン・ニマも主席した。ゲルク派のガンデン・ティーパは、長年培ってきた仏教勉学の優秀な業績によって得られる最高地位である。

ダライ・ラマ法王は、ブッダガヤを出発する前に大塔を参拝し祈りを捧げ、3時30分、特別機でブッダガヤを出発し、サラナ—トに到着した。法王は、高等チベット学中央学院(Central Institute of Higher Tibetan Studies)主催のチベット仏教会議に参加する。

次のカーラチャクラは、来年4月23日から5月6日、カナダのトロントで開催される予定。