ニュース

ニュース

最新ニュース

これから開催するイベント

「ここ数年で一番、緊迫している」ダライ・ラマ14世に聞く

Print Friendly, PDF & Email

(2007年11月19日 産経新聞)

日本滞在中のチベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世は19日、名古屋から横浜に移動する新幹線の車中で、産経新聞との会見に応じた。ダライ・ラマは現在の中国チベット自治区や周辺のチベット族居住地区の情勢について、「ここ数年で最も緊迫している」と述べて、ダライ・ラマの帰還を求めるチベット族住民やダライ・ラマの米議会名誉黄金章受章を祝うチベット仏教の僧侶らの活動に対し、中国当局が武装警察部隊を出動させ、多数の住民、僧侶を投獄するなど弾圧を強めていることを明らかにした。

ダライ・ラマは自身の後継者である第15世の選出方法について、中国側が「活仏」を許可制とするなど干渉を強めることを懸念し、死後に後継者を探す伝統的な「転生(生まれ変わり)」制度ではなく、存命中に後継者を決定する方法の可能性を検討していると述べた。この場合、後継者はチベット民衆の「精神的指導者」として、(1)チベット仏教の高僧から民主的に選出する(2)自身が後継者を指名する−などの方法が検討されているという。

中国はダライ・ラマに次ぐチベット仏教第2の指導者、パンチェン・ラマ10世が1989年1月に死去した際、ダライ・ラマ側が認定したパンチェン・ラマ10世の生まれ変わりの少年を認めず、新たに中国側が探し出した少年を後継者として認定している。

一方、ダライ・ラマは自身の政治的な役割を徐々に減らすという「政治的な引退」についても言及し、インドのチベット亡命政権では、すでに2001年から政治的な活動に責任をもつ「首席大臣制度」を採用していると述べた。首席大臣は任期5年で2期10年まで在任が可能。

ダライ・ラマは「私はすでに政治的には半分引退しており、亡命政権の最高顧問的な立場であり、亡命政権の政治的な決定は私の手を離れている」として、今後は宗教的な活動に精力を傾注していく立場を明らかにした。

ダライ・ラマ会見詳報

ダライ・ラマ14世との会見要旨は次の通り。

【後継者問題】私は20年も前から自身の後継者問題について考えてきた。チベットの民衆がダライ・ラマ制度の存続を望むならば、そのなかの1つの可能性として、私が側近らと検討してきたのが、私が存命の間に、次のダライ・ラマを選出するということだ。(1)チベット仏教の高僧から民主的に選出する(2)自身が後継者を指名する−などの方法が検討されている。

中国が私の没後、後継者を選出したとしても、チベットの民衆は支持しないだろう。それは、チベット民衆の心が入っていないからだ。

【自身の引退問題】ダライ・ラマという宗教的な立場は変わることができない。つまり、宗教的にはダライ・ラマは引退できないということだ。ただ、私が1959年3月にインドに逃亡し、難民の立場になってからは、それ以前に比べて、いくつかの変化が生じてきた。つまり、徐々に民主化を進めてきたつもりだ。政治的な引退もそれであり、2001年に亡命政権で「首席大臣制度」を採用して、現在のサムドン・リンポチェ首席大臣を選出した。任期は1期5年で、2期10年まで在任が可能だ。私は亡命政権の最高顧問的立場であり、政治的な決定は私の手から離れている。

【中国との交渉】交渉が始まった当初の1980年代初め、われわれはいくつかの希望を見いだしていた。当時の最高実力者のトウ小平氏や胡耀邦・中国共産党総書記とは極めて開放的に、自由に討議できた。しかし、その後、中国内の民主化運動を経て89年にラサなどに戒厳令が敷かれるなど、事態は悪化している。ここ数年は緩和してきたが、いまは極めて緊迫している。

ダライ・ラマ14世
Print Friendly, PDF & Email