ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2022年>観音菩薩の灌頂授与

観音菩薩の灌頂授与

2022年7月30日
インド、ラダック地方レー、シワツェル

今朝、ダライ・ラマ法王は、仏陀の慈悲の化身である観音菩薩の灌頂授与に先駆けて必要な前行儀式を執り行うため、7時前にシワツェルの法話会場に到着された。

シワツェルの法話会場で観音菩薩の灌頂授与に必要な前行修法を執り行われるダライ・ラマ法王。2022年7月30日、インド、ラダック地方レー(撮影:テンジン・チュンジョル / 法王庁)

シワツェルの法話会場で観音菩薩の灌頂授与に必要な前行修法を執り行われるダライ・ラマ法王。2022年7月30日、インド、ラダック地方レー(撮影:テンジン・チュンジョル / 法王庁)

法王は、会場に集まった推定7万人の参加者に向けて、次のように述べられた。
「観音菩薩はチベットやヒマラヤ地域の人々と特別なつながりを持つ仏様です。私は今から灌頂の授与に必要な前行修法を行いますので、皆さんは観音菩薩の六字真言である “オーム・マニ・ぺーメ・フーム” を唱えていてください」

「私がこのようなことを言うのはおこがましいと思われるかもしれませんが、私の身・口・意による行ないは観音菩薩の顕現とみなされることもあります。世界の伝統宗教はみな、“カルーナ(慈悲の心)” や思いやりの大切さを信徒たちに伝えており、自分だけでなく他の人々のために行動するよう導いています」

「実際、私たちは他者の幸せを考えて全力で取り組むならば、思いがけず自分の願いを実現できるものです」

出席者を代表してドゥクパ・カギュ派のトゥクセ・リンポチェが慣習に則って法王にマンダラを捧げると、続いて他の代表者たちも白い絹のスカーフ(カタ)を捧げた。次に、三つの意味を持つ『釈迦礼賛』の祈願文に続いて、『般若心経』が唱えられた。三つの意味とは、仏陀への礼拝、無常・無我・苦しみと廻向の三つである。

観音菩薩の灌頂を授かるために7万人を超える人々が集まったシワツェルの法話会場の情景。2022年7月30日、インド、ラダック地方レー(ラダック警察によるドローン撮影)

観音菩薩の灌頂を授かるために7万人を超える人々が集まったシワツェルの法話会場の情景。2022年7月30日、インド、ラダック地方レー(ラダック警察によるドローン撮影)

法王は、これから授与する観音菩薩の灌頂は、所作タントラ(クリヤー・タントラ)に属し、外面的な行いを浄化する力が高いことが特徴であると説明された。また、灌頂を授かる際には、あたたかい心を培い、一切有情の幸せのために意義ある人生を歩む決意を持つよう助言された。

本灌頂に先立って、法王は、会場に集まった参加者たちに菩提心を生起するよう呼びかけられた。

「究極の目標は悟りに至ることであり、悟りに至るには、方便の修行である菩提心と智慧の修行であるくうの理解を結び合わせなければなりません。私たちはこの二つの修行を心に培ってて、今世から来世へと悟りに至る道を進んでいく必要があるのです。私自身は、毎朝起きるとすぐに菩提心を生起して空を理解する智慧について考えるようにしています」

シワツェルの法話会場で観音菩薩の灌頂を授与されるダライ・ラマ法王。2022年7月30日、インド、ラダック地方レー(撮影:テンジン・チュンジョル / 法王庁)

シワツェルの法話会場で観音菩薩の灌頂を授与されるダライ・ラマ法王。2022年7月30日、インド、ラダック地方レー(撮影:テンジン・チュンジョル / 法王庁)

灌頂がすべて完了すると、法王は、会場で目の前に座っている人々も、世界各地でインターネットを介して参加している人々も、灌頂を授かった人はみな、観音菩薩の六字真言を1万回、あるいは毎日少なくとも数千回唱えるならば、心に安らぎがもたらされるでしょう、と述べられた。

儀式が終わりに近づくと、ティクセ・リンポチェによって法王に捧げる長寿祈願の儀式が進められた。ラダック地方のさまざまな組織や機関を代表して、大勢の人々が法王に供物を捧げるために列になって並んだ。また同時に、ラダック人の音楽団が法王への感謝の歌を捧げた。

シワツェルの法話会場で行われたダライ・ラマ法王に捧げる長寿祈願法要で、美しい歌を捧げるラダック地方の人々。2022年7月30日、インド、ラダック地方レー(撮影:テンジン・チュンジョル / 法王庁)

シワツェルの法話会場で行われたダライ・ラマ法王に捧げる長寿祈願法要で、美しい歌を捧げるラダック地方の人々。2022年7月30日、インド、ラダック地方レー(撮影:テンジン・チュンジョル / 法王庁)

ラダック寺院協会のアチャリヤ・スタンジン・ワンガイ会長をはじめ、数人の代表たちが感謝のマンダラを捧げて3日間にわたる法話会が完結した。

関連リンク

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

■ゆうちょ銀行

 口座記号番号:00100-1-89768
 加入者名:チベットハウス

■三菱UFJ銀行

 支店名:新宿通支店(店番:050)
 口座種別:普通
 口座番号:2999213
 口座名義:特定非営利活動法人 チベットハウス・ジャパン