ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2021年>ノーベル賞受賞者、中国政府によるダライ・ラマ疎外について言及

ノーベル賞受賞者、中国政府によるダライ・ラマ疎外について言及

2021年7月30日
USA、ワシントンDC

100名以上のノーベル賞受賞者が、今年4月に開催された全米科学・工学・医学アカデミーとノーベル財団によるノーベル賞サミットで、中国政府が2名のノーベル賞受賞者の検閲を行い、「科学界を虐げようとした」と憤慨しています。

同受賞者らによると、ワシントンの中国大使館は、過去に中国自国に対する政策を批判してきたダライ・ラマ法王および台湾の化学者 李遠哲の2名について、サミットからの排斥を要求したといいます。

同要求は棄却されたものの、セッション中のビデオ通信が中国のものとは断定できないが、「サイバー攻撃と思われるものによって」中断されたと主張しています。

記事全文は こちら

(翻訳:美濃部直子)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス