ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2021年>チベット人ら留置・取り調べ 線香に火をつけたとして

チベット人ら留置・取り調べ 線香に火をつけたとして

2021年4月15日
フリーチベット

東チベットでの拘留は、テュブテン・フンツォクの逮捕につながった。

フリーチベットは、4人のチベット人達が山で線香に火をつけ祈ったことで、先月、ザト県の地元警察によって留置され取り調べを受けた。 4人のチベット人達は3月11日儀式に参加して、山に登り線香に火をつけて祈りをささげた。

3日後、アト郷の彼らの家に警察がやって来て、4人を留置し取り調べを行った。留置された4人のうちの一人、テュブテン・フンツォクは、のちに逮捕された。一方他の3人は釈放されたらしい。

4人のチベット人達を留置したことに加えて、警察は、彼らのIDカードを没収し、ウイチャットのアカウントが記録されているかどうか見るために彼らの携帯を調べた。

4人のチベット人達の両親や親戚たちは警告を受け、もし、また同じようなことがあったら責任を問うと言った。

ザト県は現在青海省の一部として統治されている。チベットのほかの地域同様、チベット人の人々は厳重な監視の下で暮らし、当局は、他人をスパイし情報を集めたものには、高額の奨励金を提供してきた。地元の当局は、そのようなスパイ行為は愛国的行為であると明言してきた。

(翻訳:のぶこ)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス