ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2021年>中国がチベット人遊牧民に実刑判決 WeChatにチベット関連コンテンツをシェア

中国がチベット人遊牧民に実刑判決 WeChatにチベット関連コンテンツをシェア

2021年3月20日
インド、ヒマーチャル・プラデーシュ州ダラムサラ
WeChatでチベット関連情報をシェアしたことで懲役1年の実刑判決を受けた51歳のタシ・
ギャル氏。法廷での様子。(写真:wqw2010.blogpost.comより)

WeChatでチベット関連情報をシェアしたことで懲役1年の実刑判決を受けた51歳のタシ・ ギャル氏。法廷での様子。(写真:wqw2010.blogpost.comより)

伝統的にチベット人が居住するアムド地方のゴロク州中間裁判所(Golog Prefecture Intermediate Court)は、チベット人遊牧民に対して、「分離主義を扇動」し「国家の安全を脅かし」た罪で懲役1年の判決を下した。

中国のウェブサイト、ライツディフェンダーズ(Rights Defenders)によると、タシ・ギャル氏は、2015年にダライ・ラマ法王および中央チベット政権のロブサン・センゲ主席大臣などのチベット関連情報をWeChatでシェアしたとして、2020年5月30日に逮捕された。

2014年5月と10月、タシ・ギャル氏はダライ・ラマ法王の写真を4枚WeChatに投稿し友人らにシェアした。その後2015年1月1日には、ダライ・ラマ法王とロブサン・センゲ主席大臣の写真を投稿しシェアした。チベットのロサル(チベット暦のお正月)期間中であった2015年3月1日には、SNSにチベット国旗の写真を投稿し、ダライ・ラマ法王のチベット帰還およびチベットの独立を訴えた。この投稿には多くの「いいね!」やコメントが集まった。 そして2015年11月、WeChatでダライ・ラマ法王とロブサン・センゲ主席大臣の動画をシェアした。

その結果、2020年5月16日、地元当局がタシ・ギャル氏を15日間にわたって勾留し取り調べを行ったと、ライツディフェンダーズが報道した。中国当局は彼の行為を違法とし、「国家を分裂」させ「国家の安全を脅かし」たと判断した。

6月12日、同氏は逮捕・拘留された。 2020年10月13日、ゴログ州中間裁判所は、タシ・ギャル氏に2021年5月30日までの懲役1年の判決を下した。

政治犯で起訴された大多数のチベット人同様、中国当局は裁判を非公開でかつ親族や友人に周知せずに行った。

この51歳のタシ・ギャル氏の拘留のニュースは、逮捕から10ヶ月後になってようやく外部に報道された。中国当局は、裁判終了時に同氏の携帯電話も没収していた。

タシ・ギャル氏:1970年5月24日に生まれる。ゴロク(中国語:果洛)チベット自治州のマチェン郡出身。

(翻訳:ソナムラモ)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス