ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2021年>代表事務所が日本チベット国会議員連盟に米国のチベット政策と支援法について報告

代表事務所が日本チベット国会議員連盟に米国のチベット政策と支援法について報告

2021年1月22日
日本、東京

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所のアリヤ ・ツェワン・ギャルポ代表は、今日、日本チベット国会議員連盟事務局長の長尾たかし氏に面会し、ドナルド・トランプ前大統領が署名した法律で、合衆国議会で通過した2020チベット政策と支援法について詳細を伝えた。

アリヤ代表は、長尾たかし氏に、2020チベット政策と支援法の6つのキーポイントを伝えた。

  1. アメリカ合衆国は、中国政府がダライラマ法王14世の転生者の選出に干渉することを許されない。そしてそれは、チベットの人々だけが、その選ぶ過程において権限を持っている。
  2. アメリカ合衆国は、ダライラマ法王がチベットの政治組織を民主的なものにする努力をしたことを称賛し、チベット問題の解決を求めるための彼の中道のアプローチを支持する。
  3. アメリカ合衆国は、チベット中央政権を正式に承認する。世界中に離散したチベットの人々の願いを反映した正当な組織としてCTA(チベット中央政権)の主席大臣のシキョンを承認する。
  4. 南と東アジアの主な川の源であるチベット高原の水資源と環境の保護。そしてそれは、およそ18億人に新鮮な水を供給している。
  5. 米国のチベット問題特別調査官事務所をとおしてチベットの首都ラサにアメリカ合衆国領事館を設立する努力を強化すること。
  6. チベットの文化や宗教、言語を守るために、チベット内外のチベット人への資金援助を強化すること。そしてこれらの問題解決をしていくための発展的な援助に割り当てること。

日本チベット国会議員連盟事務局長の長尾たかし氏が、2020チベット政策と支援法は大きな進展であり、チベットの人々を大いに激励するものだと述べた。彼は、その法案の可決に向かう進展に深い関心を持ち続けてきていて、それを2020チベット政策と支援法意識していると言った。

長尾氏は、さらに2020チベット政策と支援法について日本チベット国会議員連盟の会長である下村博文氏に伝えると言った。

長尾氏にチベット政策と支援法の要点の日本語訳に提出された。

ロブサン・チョダック事務官もそのミーティングにアリヤ代表と一緒に参加した。

(翻訳:のぶこ)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス