ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2007年>来日中のダライ・ラマが会見、「宗教の調和が使命」

来日中のダライ・ラマが会見、「宗教の調和が使命」

(2007年11月17日 日経新聞)

来日中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は17日、三重県伊勢市の皇学館大学で記者会見した。自らの活動について「異なる宗教の相互調和を図るのが使命」と強調し、今後も外国の宗教家らとの交流を続ける決意を語った。インド亡命中の立場に触れて「亡命中に死ぬ場合は、中国以外で生まれ変わりが発見され、使命を引き継ぐ」などと中国への反発をにじませた。

来年の北京五輪を前に、中国がダライ・ラマを「分裂主義者」とする批判を強めている点には「(自分は)チベットは中国に属すると言明している。批判理由が分からない」と反論。「チベット亡命政権は2001年に主席大臣を民主的に選び、政治的決定権は主席大臣に移っている」とも指摘した。

後継者の選出法にも言及。(1)選挙で高僧の中から決定する(2)自分が死ぬ前に指名する(3)自分の死後に生まれ変わりを探す——の三つの可能性があると説明。死後に生まれ変わりを探し出すという伝統的な「輪廻(りんね)転生制度にこだわらない考えを示した。

記者会見で笑顔を見せるダライ・ラマ十四世 =17日、三重県伊勢市の皇学館大〔共同〕

記者会見で笑顔を見せるダライ・ラマ十四世
=17日、三重県伊勢市の皇学館大〔共同〕

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス