ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2006年>広島の精神が平和達成の鍵 「広島国際平和会議2006」が閉幕

広島の精神が平和達成の鍵
「広島国際平和会議2006」が閉幕

(2006年11月2日 ライブドア・ニュース

ダライ・ラマ14世らノーベル平和賞受賞者3人が集い、広島市中区のアステールプラザで開かれていた「広島国際平和会議2006」 (同会議実行委員会主催)が2日、閉幕した。"平和の巨匠"がそれぞれの経験に基づいて平和についての提言などを行った後、共同宣言に署名した。

共同宣言では、原爆投下による破壊と恐怖から立ち直った広島の人びとが、復興に成功して平和な"今"を作ったことに言及。「この街がもっている精神である『許し』と、『報復はしない』と決意したことに人類すべてが注目してほしい」と訴えている。また、「すべての人がお互いに依存していることを認めることが、あなた自身の幸せだけでなく、他者の利益のためには不可欠なのです」と述べ、他者への思いやりが平和の達成の鍵となる第一歩だとした。

最終日となった2日には、南アフリカでアパルトヘイト撤廃のために立ち上がり、1984年にノーベル平和賞を受賞したデズモンド・ツツ大主教が基調講演し、「広島の戦後史こそが、和解の実践例だ」と賞賛。同氏は「最も近い関係にある家族の中でさえも、解決すべき問題をそのままにしていることが多い。"I am sorry(ごめんなさい)"と認めることが、過去の出来事を"憎しみ"から"過ぎたこと"にできる唯一の方法である」と力を込めた。

会議終了後、ラマ師、ツツ大主教と、北アイルランド紛争で子どもの支援を続けるベティ・ウィリアムズ氏は、同市の平和記念公園を訪れた。原爆慰霊碑で「安らかに眠ってください。過ちは繰返しませぬから」と書かれた碑を見つめ、平和を祈って献花した。

写真

2日、広島市で開かれていた「広島国際平和会議2006」の閉幕に際して
共同宣言を読み上げる(左から)ダライ・ラマ14世、
デズモンド・ツツ大主教とベティ・ウィリアムズ氏。(撮影:吉川忠行)

写真

2日、「広島国際平和会議2006」の閉幕後、広島平和記念公園を訪れる
"平和の巨匠"3氏。(撮影:吉川忠行)


関連リンク:広島国際平和会議2006共同宣言(仮訳)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

■ゆうちょ銀行

 口座記号番号:00100-1-89768
 加入者名:チベットハウス

■三菱UFJ銀行

 支店名:新宿通支店(店番:050)
 口座種別:普通
 口座番号:2999213
 口座名義:特定非営利活動法人 チベットハウス・ジャパン