ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2005年>カトマンズ・ラサ直行バスの凸凹運行

カトマンズ・ラサ直行バスの凸凹運行

(2005年9月14日 ウェブインディア123より編集)
鳴物入りで操業が開始されたカトマンズ・ラサ直行バスが、チベットビザ発行をためらう中国政府のせいで、壁にぶつかっている。

中国とネパールは、今年5月1日、カトマンズ・ラサ間の直行パスを運行させることに合意した。
「世界の屋根の楽しい旅行へようこそ。乗務員があなたを手厚くもてなし、旅のお供とご案内を致します」
とバス乗務員はサービスがいかに充実しているか車内で謳う。しかし、「スーパーデラックスバス」は、5月に1回運行したのみ。中国政府が外国人がチベットに入ることを用心したためである。今年、中国政府は、チベット自治区40周年記念を祝い、ラサの警備を強化した。

中国は1950年代にチベットに侵攻し、チベットの三つの地方(ウー・ツァン、カム、アムド)を掌握した。カムとアムドが中国の省に入れられたが、ウー・ツァンは1965年9月にチベット自治区となった。今年はそのチベット自治区設立40周年にあたり、8月は、中国政府はチベットへ入るビザ発給を停止した。にもかかわらず、ネパール政府は8月23日からカトマンズ・ラサ直行バスの運行再開を要求したが、対する中国政府は、40周年記念が終わってからビザ発給を許可するとそれを拒否した。

現在は5割から6割程度の運行が再開している。運行は、カトマンズ出発が火曜日と金曜日ということだが、未だに時刻表のままに走ってはいないようだ。さらに、中国は個人旅行のビザ発給を拒否している。ビザ取得にはおよそ一週間かかるようだ。しかも、片道旅行で70ドル、ビザ申請に66ドル、ビザ発行に20ドル、さらに旅行者はホテル二泊代が70ドルを支払わなければならない。それらのホテルも中国当局のお墨付きでなければならない。

中国とネパールは両国間の関係強化に力を注いでおり、両国国交回復50周年を祝った。どちらも、ビジネス面におけるチベットの重要性を強調している。9月13日から19日、『ネパール・チベット・エコノミックトレードフェア』がラサで開かれる。ネパールの製品を扱う44の店が出店される。

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

■ゆうちょ銀行

 口座記号番号:00100-1-89768
 加入者名:チベットハウス

■三菱UFJ銀行

 支店名:新宿通支店(店番:050)
 口座種別:普通
 口座番号:2999213
 口座名義:特定非営利活動法人 チベットハウス・ジャパン