ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2004年>インドのチベット議連(チベット支援インド超党派国会議員フォーラムAPIPET)ダライ・ラマを招待

インドのチベット議連(チベット支援インド超党派国会議員フォーラム APIPET)ダライ・ラマを招待

写真:ダラムサラの亡命チベット人代表者議会(国会)前にて 「インドのチベット議連」代表団

ダラムサラの亡命チベット人代表者議会
(国会)前にて インドのチベット議連代表団

イタリアのチベット議連代表団

イタリアのチベット議連代表団

(ダラムサラ)近い将来、ダライ・ラマ法王はインド国会で演説を行うことになるかもしれない。この事実は、「チベット支援インド超党派国会議員フォーラム」(APIPET)(以下、「インドのチベット議連」)のメンバーであるスリ・バシスト・ナラヤン・スィン国会議員が記者会見で明らかにした。「インドのチベット議連」の代表団は、この件でダラムサラを訪れる予定である。

スィン国会議員は、「『インドのチベット議連』は法王にご招待を申しあげ、そして、お受けいただいた」と述べた。場所、日時については未定。ダライ・ラマ法王がどこで演説するか等について、スィン国会議員は、「我々のメンバーはダライ・ラマ法王に国会で演説をして頂くようお願いをする権限は無いが、議事堂別館か、他の開催地で、演説をアレンジすることはできる。デリーには場所が十分にある」と述べるにとどまった。

インド独立における過激派の例を引用しながら、スィン国会議員は、「チベット人社会の中にもチベットの将来に関する異なる見方があるかもしれないが、我々はダライ・ラマ法王の指導力には絶対的に支持している。我々は、過去においてもチベット問題をサポートしてきたし、これからもそうだ」と断言した。

「もし、ヴィーナの弦(インドの弦楽器)が強く張り過ぎていれば、切れてしまう。緩め過ぎていれば、メロディーが奏でられない。このように、最善の方法は中道を行くことである」とダライ・ラマ法王の中道政策アプローチの支持者のひとり、スィン国会議員は述べた。インドのチベット議連代表団は9月17日、チベット仏教カギュー派の長カルマパ17世を訪問する。

一方、今日(9月15日)、イタリアのチベット議連代表団がダラムサラを訪れ、ダライ・ラマ法王に謁見した。

「世界の二つの異なる場所から、二つの国会議員の代表団が、同時にダラムサラを訪問するのはこれが初めて」と亡命チベット人代表者議会のメンバーのペンパ・ツェリン。彼は、今回の二つの訪問をコーディネートしているデリーの「チベット議会・政策研究センター」の理事でもある。

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス