ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2002年>カーラチャクラ説法延期決定をうけて、サムドン・リンポチェ教授の声明

カーラチャクラ説法延期決定をうけて、
サムドン・リンポチェ教授の声明

2002年1月24日

現在お疲れがなかなかとれないダライ・ラマ法王が、カーラチャクラ説法の延期を決定されたことを内閣は歓迎したします。内閣は、法王が一週間前パトナで体調を崩されてからこのかた、説法の延期を要請してきました。600万のチベット人と、全世界にあまた存在するチベット支援者や仏教信者にとって、ダライ・ラマ法王の長寿とご壮健ほど大切であり、貴いものはないからです。

チベット本土のチベット人、亡命チベット人、多数の法王の信者、チベット支援者たちは、これまでもそうであったように、ダライ・ラマ法王猊下の長寿とご壮健を祈願しつづけます。

今日の朝、ダライ・ラマ法王ご自身がブッダガヤに集った何万という信者に説明されたように、法王は先週ナーランダと霊鷲山への巡礼を行われたさい、軽い胃腸炎を患われました。法王の侍医の話によると、法王は順調に回復されています。しかしいまだ疲労困憊状態から回復されきってない疑いがあります。

今回の延期に失望される方はいないと私たちは確信しています。ダライ・ラマ法王自身がブッダガヤに集った何万人もの信者の方々にこのように説かれているからです。「あなたがたがここにこうして来られたのも、このような聖地で精神的に利他行をなしたいという偉大なる動機をもっていたからです。それゆえ、一歩歩むごとに、あなたがたは多大な功徳を積んでいくはずです」

来年のブッダガヤでのカーラチャクラの教えの正確な日程は、まもなく発表される予定です。

法王は2002年1月29日にブッダガヤを発たれ、ダラムサラに2月1日に到着のご予定です。


2002年1月24日
内閣主席大臣
サムドン・リンポチェ

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

■ゆうちょ銀行

 口座記号番号:00100-1-89768
 加入者名:チベットハウス

■三菱UFJ銀行

 支店名:新宿通支店(店番:050)
 口座種別:普通
 口座番号:2999213
 口座名義:特定非営利活動法人 チベットハウス・ジャパン