ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2002年>江沢民主席:中国には信教の自由が存在する

江沢民主席:中国には信教の自由が存在する

2002年2月21日
北京(AP通信)

中国国家主席江沢民は木曜日、中国の人民は宗教を自由に選択することができる、と主張し、ローマ・カトリックの司教らが中国にて拘留されたのは、彼らが法を犯したからに違いない、と述べた。

ブッシュ大統領はこの問題について、江沢民主席に、「中国人も含め、世界中の全ての人々は、どう生きるべきか、何を信じるか、そしてどんな仕事をするか、選択する自由を持つべきである」と述べ、中国側の痛いところを突いた。

江沢民主席は、ブッシュ大統領との共同記者会見の場にて、信教の自由に対する抑圧と、司教たちの拘留や監視について、二度の質問を受けた。

江沢民主席は当初、こうした質問に答えることを二度とも拒否した。
しかし、記者会見の終わりのほうで、その問題に自らたち戻り、「中華人民共和国成立以来、わが国のあらゆる国家機関や法律は、さまざまなかたちで信教の自由を規定してきた」と述べた。

江沢民主席は、個人的には宗教信仰を持たないが、仏教、キリスト教、イスラム教の経典を読んだことがある、と述べた。そして、中国に存在する非常に多くの宗教を引き合いに出し、「彼らの宗教信仰は当局により保護されている」と付け加えた。

先週、ヴァチカン・ミッショナリー通信社は、中国にて拘留もしくは公安の厳しい監視下に置かれ、宗教活動を禁止されているといわれる33名の司教、司祭の名前を公表した。そして、名前はまだわかっていないが、さらに20名の司教が拘留されているという。

江沢民主席いわく、司教たちが拘留されたのは、「その宗教信仰のためではなく、彼らが法を犯したからである。私自身は、司法機関に干渉する権利を持っていない」

「中国の未来は、中国人の手にゆだねられている。しかし、あらゆる国家は人間の尊厳を守るべきである」というブッシュ大統領の主張に対する、江沢民主席の自国を擁護する長い答弁に、ブッシュ大統領とその補佐随行員たちは、熱心に耳を傾けていた。

ある時点において、ブッシュ大統領の特別補佐官国家安全保障担当コンドレッサ・ライスは、大統領補佐随行員の一人に対し、江沢民主席は本当に人権問題についての質問に答えたのかどうか、尋ねたという。

ブッシュ大統領は、江沢民主席との非公開の会見に先立ち、司教たちの問題と、亡命のチベット仏教指導者ダライ・ラマについての問題を提起する、と話していた。

江沢民主席のこうした答弁に対し、ワシントンに本部を置くチベット国際キャンペーン(International Campaign for Tibet)は反駁の意を示している。

「いくらよく見ても、現在の中国の指導者たちは、西側との高官同士の外交的交流に先立ち、宗教の自由という考えに口先だけで同意しているにすぎない。現にチベット内では、宗教として仏教を信奉することはできないのです」と、チベット国際キャンペーンのスポークスマン、エヴァン・フィールドは述べている。

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

■ゆうちょ銀行

 口座記号番号:00100-1-89768
 加入者名:チベットハウス

■三菱UFJ銀行

 支店名:新宿通支店(店番:050)
 口座種別:普通
 口座番号:2999213
 口座名義:特定非営利活動法人 チベットハウス・ジャパン