ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2002年>中国がフランスの人権擁護団体を非難

中国がフランスの人権擁護団体を非難

2002年1月17日
国連(ロイター)

中国は今日、国連委員会に対し、フランスの人権擁護団体をチベットが中国の一部であることを疑問視ししたことから、団体の調査を強く要求。
この団体、フランス・リベルタスに対する調査により、団体の国連における諮問的立場を失う結果をもたらしうる。

パリを拠点とするこの人権擁護団体は1986年 ミッテラン大統領の未亡人ダニエル・ミッテランによって設立された。

会議の概要によると、北京の強い主張で、NGO委員会は立場の正当性を示すフランス・リベルタス報告の承認を延期。この団体は国連の諮問権を持つ約2,000ある団体の一つであり、議会参加や助言等の提案が出来る権利を持つ。

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

■ゆうちょ銀行

 口座記号番号:00100-1-89768
 加入者名:チベットハウス

■三菱UFJ銀行

 支店名:新宿通支店(店番:050)
 口座種別:普通
 口座番号:2999213
 口座名義:特定非営利活動法人 チベットハウス・ジャパン