ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2001年>ラサ当局、ダライ・ラマの誕生日祝賀行事を禁止・強化

ラサ当局、ダライ・ラマの誕生日祝賀行事を禁止・強化

2001年8月10日
TIN(チベット・インフォメーション・ネットワーク) ロンドン

6月、ラサ当局はダライ・ラマの誕生日祝賀行事の禁止・強化を発表した。 その通達は、ダライ・ラマを慕い「彼の功労や徳」を賞賛するチベット人が「祈りを捧げる」ことを禁止するという内容のものだった。チベットで7月6日のダライ・ラマの誕生日に行なわれ「トゥングラ・ヤスルTrunglha Yarsol」として知られる行事は、1990年代に公式に禁止された。チベット人が空中にツァンパと呼ばれる煎った大麦を投げ誕生日を祝って香を焚くという伝統的なラ・ソルlha solの儀式のためにラサに集まるのを防ぐ目的で、この通達は配布されたが、当局の勧告部分は特に目立つものとなっている。TINによる翻訳を以下に示す。

通達の中で、当局は「トゥングラ・ヤスル」を違法とし、禁止・強化をはかった。祝賀行事をやめさせるために、過去2年にわたって実行された安全基準を参照。

報道によると、1999年には、ラサの東部郊外で誕生日祝賀行事に使われていた香炉が、当局によって破壊され、近づくこともできなくなり、トゥングラ・ヤスルの禁止が強化された。

法王の誕生日後に行なわれた「トゥングラ・ヤスルの儀式」(チベットTVで 1999年8月2日に放送)は、高官が気に入るように操作され、祝賀禁止の規則は、2000年に一層厳しく取締られた。 報道によると、チベットの政府関係者とラサの幹部は、自宅でさえも香を焚くことを禁止し、警備員をバルコル周辺のチベット人居住区の香炉に配備した。2000年6月26日には、「政府は、この違法行動に対して必要に応じて取り締まるので、人々は祝賀行事に参加しないと予想される」という回覧がまわってきた。

最近のこうした厳しい禁止令の施行は、このような状況で、当局の「安定」に対する執着、チベットにおける「精神主義」への反発、潜在的な政治的騒動に対する懸念を示している。

2000年の回覧では、「ダライ徒党」が、「本国を裂くために、トゥングラ・ヤスルの祝賀行事を口実に、チベットの地方部で、いろいろな騒動を扇動している」と述べた。トゥングラ・ヤスルの禁止は、チベットで、ダライ・ラマの影響を徐々に弱める重要な政治運動の要素でもある。 当局のこのような行為は、ダライ・ラマの政治的立場、解釈、イデオロギー運動の広がり、1996以来禁止されている彼の写真や出版物の流通と同様に、彼の宗教権威に挑戦するための痛烈な攻撃が含まれる。

当局は、ダライ・ラマと西側の「敵意に満ちた圧力」がチベットが「進歩する」ための主な障害の1つになっていると言う。ホンコン通信社Zhongguo Tongxuのチベット自治区担当レクチョグ女氏は、昨日(8月9日)、「ダライ徒党は、チベットの経済開発や社会進歩への最大の障害だ」と述べた。

注記: 2001年6月25日付の通達は、元来、中国語とチベット語の両方で示されたが、以下の翻訳は、中国語からのものです。オリジナルの中国語とチベット語の通達のコピーは、TINウェブサイトで見ることができます。

(以下はラサ人民政府の通達)

法律と社会安定保障の規則に従って、「トゥングラ・ヤスル」という違法活動を禁止し、禁止達成の強化を高く評価するラサ人民政府の通達。

中央省庁の指示とチベット自治区党委員会の取り決めに従って、ラサ人民政府は、法律によって「トゥングラ・ヤスル」の違法活動を禁止した。法律に基づく「トゥングラ・ヤスル」の違法活動禁止を取り決め、それを強固にし、社会安定をより保障し、改革実行、解放、近代的社会構造をスムーズに実行するため、我々は、ここに規則を発表する。

  1. 人民政府と司法庁、安全保障庁など、どの省庁においても職務上、法律に従って、行政権を行使すべきである。 通常の生産、生命、仕事、研究、輸送(中国語でjiaotongと発音)、秩序を保護すべきである。 社会の安定を分裂させ、治安を乱し、交通網を混乱させるような完全な違法行為に対して、厳しく取り締まるべきである。 多数の幹部、自治区全体の労働者と大衆は、積極的に、政府の仕事と職務を支持するべきである。
  2. 人民政府は、法律で許可された一般の宗教活動を充分に保証し、信奉者の信仰の自由を保護する。しかし、どんな形式や場所であれ、ダライ・ラマの誕生日を祝うために、ひそかに集会を開いて違法活動に携わり、香を焚き、祈るためにツァンパを投げ、彼の功労と徳を賞賛することは、どんな個人であれ、団体であれ厳しく禁じる。[1]
  3. ラサ当局が2000年6月26日に交付した法律に基づく「トゥングラ・ヤスル」の違法活動の禁止に従わない人や、この通達の規定に従わない人は、「中華人民共和国の安全保障に関する規則と刑罰」と「中華人民共和国の安全保障と交通規則」を含む法律と規則に従って、政府法律委員会と安全保障省庁によって厳しく罰せられる。 状況が深刻で、「中華人民共和国の刑法」に違反する事件は、法律に従って捜査し、犯罪に対する責任を負うこととする。
  4. 社会安定の保障、治安と交通秩序の確保は、大衆の基礎的利益になる。幹部と労働者の多数、自治区全体の市民は、法律の威厳、人々の利益、国民の統一、国家統一を保護するために、この「通達」のどの規則も良心的に守るべきだ。

注記:ラサ人民政府2001年6月25日 注記[1]: Yan jin ren he ren、 ren he qun ti yi ren he xing shi zai ren he di fang cong shi huo bian xiang cong shi wei da lai qing he sheng ri、 qi dao zhu fu、 ge gong song de de ju ji、 shao xiang、 sa zan ba deng fei fa huo dong。

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

■ゆうちょ銀行

 口座記号番号:00100-1-89768
 加入者名:チベットハウス

■三菱UFJ銀行

 支店名:新宿通支店(店番:050)
 口座種別:普通
 口座番号:2999213
 口座名義:特定非営利活動法人 チベットハウス・ジャパン