ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2000年>チベットで地下組織のニュースレターが広く出回る

チベットで地下組織のニュースレターが広く出回る

2000年4月7日
パリ(ロイター通信)

フランス・パリに本拠を置く人権団体「国境なき記者団」(RSF)によると、チベットでは中国当局による激しい言論弾圧に対抗すべく、広い範囲で地下組織のニュースレターが出回っているほか、インターネット・カフェが登場しているという。

RSFの報告は、中国にチベットの言論に対する規制を撤廃させるよう国連人権委員会の支援を呼び掛けている。

報告によると、チベット唯一の公認メディアは当局の管理下にあることが調査で判明しているものの、脱出した僧侶や執筆を禁じられた政治記者らの記事などを掲載した約20のニュースレターが、仏教寺院などを通じて出回っているという。

RSFはまた、ラサでサイバーカフェが登場するなど、チベットではインターネットが広まりつつあり、住民や亡命者らによる独立系ジャーナリズムが広がる潜在要因となっていると指摘している。

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス