ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2000年>「人権擁護」か「市場」か ハリウッド シリーズ「チベットの祈り」より

「人権擁護」か「市場」か ハリウッド
シリーズ「チベットの祈り」より

2000年2月21日
毎日新聞
リチャード・ギア氏

リチャード・ギア氏

熱心なチベット仏教徒として知られる俳優のリチャード・ギアさんは気さくに撮影に応じ、ロック歌手のスティングさんも快諾した。ハリソン・フォード、ジュリア・ロバーツ、ゴールディ・ホーン…。名だたるスターたちが、チベット支援のキャンペーンフィルムで人権侵害を読み上げた。わずか60秒の映像のために実現した「ドリームキャスト」である。製作したガースウェイト&グリフィン・フィルムのプロデュ—サー、ロビン・ガースウェイトさん(42)は、チベット問題に対するハリウッドスターたちの「思いいれ」の深さを知った。

「ダライ・ラマ14世の人柄に引かれた俳優たちが、互いに触発され、問題の深刻さに気付いたケースが多い」と分析する。

◆◆
インド北部ダラムサラ。チベット亡命政権の情報省職員のテンジン・ダムドゥルさん(31)がアルバムを開く。訪れた米国の著名人たちの写真で埋め尽くされている。中でも多いのはギアさん。

「仕事の知り合いというより友人。大スターなのに威張らず、チベットの政治、文化、宗教を深く理解している」

ギアさんはテンジンさんの父が経営する旅館に泊まることもある。早朝5時に起き、祈りを捧げる。法話がある日は、それに備えて瞑想し、仏典を読む。
「彼は言う。『どんな質素な部屋でも構わない。仏画を掛けられれば』とね。真の仏教徒だよ」

◆◆
1996年10月、底冷えのするチベット自治区のラサ。映画監督のポール・ワーグナーさん(51)は人目を避け、小さなビデオカメラを回していた。2人の俳優を連れ、中国政府に無断で1週間のロケを決行したのである。

「何度か私服警官の職務質問を受け、ヒヤリとした」と振り返る。 こうして映画「ウインドホース」は製作された。ドラマの形式を取りながら、「中国当局のチベット弾圧の現状をできるだけ正確に描くこと」が狙いだった。

◆◆
チベット問題に材を取る映画は、江沢民・中国国家主席の初の公式訪米(97年10月)前後に急増、中国政府との軋轢を生む結果となった。

「ウインドホース」は98年3月完成し、国際映画祭に出品されたものの、中国大使館が上映中止を要求してきた。

ワーグナーさんは大手配給スタジオに持ち込んだが、「政治問題への波及」などを理由に配給を断られ続けた。昨年2月、ようやくサンフランシスコを皮切りに全米100都市で上映にこぎつけている。

幼いダライ・ラマ14世とオーストリア人登山家の交流を描いた映画「セブン・イヤーズ・イン・チベット」の製作資金調達を担当したデービッド・コーン氏が明かす。
「インド北部での撮影でインド政府とほぼ合意に達し、約300万ドルのセットを作ったが、撮影開始直前に不許可になった」

ロケ地はアルゼンチンに変更された。不許可の理由は定かでないが、関係者は「中国の圧力」を指摘する。

◆◆
中国当局は「セブン・イヤーズ」の配給元、ソニー・ピクチャーズと、14世の半生を描いた「クンドゥン」のディズニー映画の輸入を禁止。ディズニーは米中国国交樹立の立役者、キッシンジャー元国務長官を顧問に迎え対応した。

ハリウッドと中国が「和解」したのは昨年2月。以来、大手スタジオによるチベットの政治問題を扱う映画製作は、なぜか途絶えたままだ。

「ハリウッド資本は、中国という巨大市場をにらみ、以前に増してチベット問題で慎重になっている」

ハリウッドに精通するカロル・ハミルトン弁護士は指摘する。 チベット支援に傾く俳優や製作現場とは対照的だ。「チベット」はハリウッドで「人権の擁護」と「資本の論理」の狭間を漂い続けている。

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス