ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2000年>「カルマパ17世は亡命」とダライ・ラマスポークスマン

「カルマパ17世は亡命」とダライ・ラマスポークスマン

2000年1月9日
毎日新聞

カルマパ17世の亡命経路

8日付の香港紙「明報」によると、チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世のスポークスマンは、同仏教カギュ派最高位の活仏カルマパ17世がチベットからインドに渡ったことについて、中国共産党の宣伝道具になるのを嫌い、仏法を学ぶために亡命したとの見方を示した。

スポークスマンは「中国当局は17世にマルクス・レーニン主義や共産精神を学ばせ、宣伝道具にしようとした」とした上で「仏法を学ぶにはチベット域外に出るしかない」と述べた。

インド・ダラムサラのチベット亡命政権のスポークスマンによると、17世の健康状態は良好で、現在宿で休息を取っているという。スポークスマンは、17世の出国は「亡命」であり、チベットには戻らないとみている。

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス