ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ニュース>2000年>カルマパ17世 インドで信者の前に

カルマパ17世 インドで信者の前に

2000年1月9日
読売新聞

【ニューデリー支局8日】インド北部ダラムサラからの報道によると、中国からインドに出国したチベット仏教4大宗派の1つ、カギュー派の最高活仏カルマパ17世(14)が8日、現地の「チベット亡命政権」に従う一般チベット人らの前に初めて姿を見せた。

法衣をまとったカルマパ17世は、滞在先にホテル前に車を降りたが、亡命政府の警備担当者に付き添われ、すぐに宿舎内に消えたという。短時間ながら、活仏カルマパ17世の登場は、チベット人信者たちの間に大きな興奮を引き起こした。

チベット亡命政権は、1959年にインドに亡命したダライ・ラマ14世によって樹立された。

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス