ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>チベット関連イベント情報>2009年>宗派を超えてチベットの平和を祈念する僧侶の会・第2回結集会

宗派を超えてチベットの平和を祈念する僧侶の会・第2回結集会
平成21年5月23日(土) 午後15時〜18時 於:大本山 護国寺

聞・思・修 〜学び、考える、行動する〜

チベットのこと、知っていますか? 今こそ、学び、考え、行動する日本仏教へ

ダライ・ラマ法王がインドに亡命して半世紀、チベット問題は今なお混迷の度を深め、解決の糸口を見出せずにいます。今こそ、私たちは「聞・思・修」というサンガの基本に立ち返り、チベット問題の本質とその普遍性を学ぶとともに、宗派を超えて叡智と行動を結集し、希望の道を探る時ではないでしょうか。

そこで、当会結成1年を迎えるに当たり、宗派を超えてチベットの平和を祈念する私たち日本の仏教者が、再びその思いを寄せ合う結集を開催いたします。
当会設立の意義を見つめなおし、未来に向けて、私たち日本の仏教者が果たすべき役割を見出す集いにしましょう。皆さまのご参加を心よりお待ちしています。

三慧、聞・思・修 —。学び、論理的に考えて、繰り返す瞑想実修により「正しい理解」を身につける。
このプロセスから生じる仏陀の叡智が、慈悲(共感共苦)による「行動」へ、そして「社会参加する仏教」へ。宗派を超える思いが、今、一歩踏み出します。


詳細はこちら:宗派を超えてチベットの平和を祈念する僧侶の会ホームページへ

日時 平成21年5月23日(土) 午後15時〜18時
会場 大本山 護国寺 【桂昌殿】 地下鉄有楽町線「護国寺」下車すぐ
参加費 無料(要事前申込み)
お申し込み
  • ホームページからお申し込み:
    主催者サイト「お問い合わせページ」より下記の要領にて送信下さい。
  • FAXの場合:下記の要領をご記入のうえ送信下さい。
    FAX 045-431-2241 観音寺宛
  • メールの場合:下記の要領をご記入のうえ送信下さい。
    メールはこちらinfo@supersamgha.jp
  1. 氏名
  2. 住所
  3. 電話番号
  4. メッセージ
参加資格 なし(どなたでもご参加いただけます)
主催 宗派を超えてチベットの平和を祈念する僧侶の会
協力 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

特別講師

ケルサン・ギャルツェン氏(ダライ・ラマ法王特使)

1951年チベット・カム地方に生まれる。83年以降チベット亡命政権の任務に就く。スイスのチベット事務所代表、駐欧州連合特使などを歴任。現在、ダライ・ラマ法王により任命された2名のチベット代表団特使のひとりとして中国政府との交渉にあたり、2002年以降、中国指導部との8回の公式協議と1回の非公式協議に臨むとともにチベット交渉対策本部のメンバーも務める。ダライ・ラマ法王の特使という立場から、チベットに関する講演やインタビューにも精力的に取り組み、チベットの人々の悲劇に光をあてるべく尽力している


石濱裕美子氏(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)

文学博士。早稲田大学大学院博士課程修了。同大学教育学部専任講師、准教授を経て現職。編著書に「チベット仏教世界の歴史的研究」(東方書店、2001)、「チベットを知るための50章」(明石書店、2004)、「図説 チベット歴史紀行」(河出書房新社、1999)、訳書に「聖ツォンカパ伝」(大東出版社、2008)、「ダライ・ラマの仏教入門」(光文社、2000)、「ダライ・ラマの密教入門」(光文社、2001)など。現在、日本国内におけるチベット史研究の第一人者。

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

■ゆうちょ銀行

 口座記号番号:00100-1-89768
 加入者名:チベットハウス

■三菱UFJ銀行

 支店名:新宿通支店(店番:050)
 口座種別:普通
 口座番号:2999213
 口座名義:特定非営利活動法人 チベットハウス・ジャパン