ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 

1959年 チベット問題が議題に採択

1959年

マラヤ、アイルランドの国連常駐代表は、チベット問題を追加議題として採択するよう国連事務総長に要請。両国は、チベット問題を純然たる基本的人権の侵害という形で提起した。

その説明覚書で、チベットではチベット人民の伝統的生活様式、宗教的・文化的自治が破壊され、世界人権宣言に規定された基本的自由の組織的無視が行われており、国連はこれを審議する道徳的義務と法的権利があることが述べられた。



ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス