ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 

1959年 国際法律委員会が国際連合へ報告書提出

1959年
本報告書「チベット問題と法の支配」より1部

「1912年、中国人を追放したチベットの地位は、事実上の独立の1つとして明らかに述べることができる。中国に対する法的従属のいかなる形式も消滅してしまったと考える強い法的根拠がある。従って、1911年〜12年の出来事は、中国の支配から事実上及び法律上の独立した完全な主権国家としてのチベットの採取源を画するものという意見を提出する」

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス