ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>チベット亡命政権について>世界各国との関係>チベットを巡る国際協定・情勢の推移>1959年3月10日 チベット民族蜂起 ダライ・ラマ法王インドへ亡命

1959年3月10日 チベット民族蜂起 ダライ・ラマ法王インドへ亡命

1959年3月10日

ダライ・ラマ法王が政治亡命し、庇護の要請を受けるとネールは、インド領域への入国と滞在を許可する次のような電報を送った。

「わが閣僚たちとともに、私はあなた方を歓迎致します。そして、あなた方が、インドに無事到着されましたことをお慶び申し上げます。私たちは、喜んで猊下、ご家族並びに随員団にインド滞留のための必要な便宜をはからいます。猊下を心から尊敬しているインド国民は、猊下に対して敬意の念を捧げます」

「ヒンドゥー・チイニイ・バイバイ Hindu Chini Bye Bye (インドと中国は兄弟)」といわれた1954年平和5原則条約締結以来の印中蜜月時代に終わりを告げる。


ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス