ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 

謁見とご会食


(2018年11月13日 法王庁

ご到着の翌日、ダライ・ラマ法王は早朝から多くの人々と面会された。その中には、2014年に法王を被災地仙台に迎えた「東日本大震災神道祈りの会」の主催者の姿もあった。



遠来の人々

2018年11月13日、横浜(撮影:テンジン・ジグメ / 法王庁)

日本滞在2日目の13日、ダライ・ラマ法王は早朝から多くの人々と面会された。日本各地はもとより、フランスや中国からの来客もあった。法王は、小さな可愛らしい訪問客の頰に優しく手を添えられた。


2018年11月13日、横浜(撮影:テンジン・ジグメ / 法王庁)

仙台市で2014年4月に「東日本大震災神道祈りの会」を主催した「ダライ・ラマ法王14世を仙台へお迎えするための特別委員会」代表、川上廣子出羽三山教司は、法王との再会を喜び、「東日本大震災の時は、被災地に来ていただきありがとうございました」と感謝を伝える言葉が涙に。法王は、強く手を握りしめて、声にならない思いを分かち合われた。



取材対応

2018年11月13日、横浜(撮影:テンジン・チュンジョル / 法王庁)


2018年11月13日、横浜(撮影:テンジン・ジグメ / 法王庁)

NHK BS1の山澤里奈アナウンサーのインタビューに応じられる法王。本題に入る前の雑談では「日本訪問が決まった時、最初に思い浮かんだのは、日本の美味しいおにぎりが食べられる、ということでした」と場を和まされた。続けて「今朝は、朝食におにぎりを三つ出してもらったけれど、二つしか食べなかったのでちょっと少なかったですね。だから、ランチにうどんを食べるのが楽しみです」と話され、山澤アナウンサーの笑いを誘っていた。


2018年11月13日、横浜(撮影:テンジン・チュンジョル / 法王庁)

山澤アナウンサーからの後継者についての質問に対し、眼鏡を外され、茶目っ気たっぷりに「私の顔を見てください。私の転生について、急いで考える必要がありますか?」とお答えになるダライ・ラマ法王。


2018年11月13日、横浜(撮影:テンジン・チュンジョル / 法王庁)

国家基本問題研究所理事長の櫻井よしこ氏とのインタビューに臨まれ、挨拶をされるダライ・ラマ法王。


2018年11月13日、横浜(撮影:テンジン・チュンジョル / 法王庁)

ダライ・ラマ法王と櫻井よしこ氏のインタビューの様子を撮影する報道記者。


2018年11月13日、横浜(撮影:テンジン・ジグメ)

櫻井よしこ氏のインタビューに応じられるダライ・ラマ法王。


2018年11月13日、横浜(撮影:テンジン・チュンジョル / 法王庁)

櫻井よしこ氏から贈られた帽子を被られたダライ・ラマ法王。



思い出の肉うどん

2018年11月13日、横浜(撮影:テンジン・ジグメ / 法王庁)

複数の取材やインタビューに応じられた後、法王は昼食会場で牧野聖修元衆院議員ら古くからの友人とテーブルをともにされた。メニューは肉うどんと塩むすび。法王は、1960年代に日本を訪れ、うどんを食べた思い出を話された。「当時、私は1年以上菜食生活を送っていたので、一緒に行った兄は肉の入ったうどん、自分はベジタリアンのうどんを食べました。兄は私に『こちらのほうが美味いぞ』と自慢したものです」


関連リンク

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス