ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 

思いやりのこころ―幸せへの鍵


(2016年11月17日 法王庁

ダライ・ラマ法王は17日、横浜市西区のパシフィコ横浜国立大ホールで、「思いやりのこころ―幸せへの鍵」と題してご講演された。会場には約2800人が詰めかけた。撮影禁止のアナウンスをお聞きになったダライ・ラマ法王は「撮影は構いませんよ、私は気にしません。どうぞお撮りください」と突然の撮影許可。聴衆から歓声が上がり、多くの人が携帯電話やスマートフォンを取り出して、舞台の法王の姿を動画や写真に納めた。


2016年11月17日、横浜(撮影:ジグメ・チョペル)

講演会場のパシフィコ横浜国立大ホールに向かわれるダライ・ラマ法王。


2016年11月17日、横浜(撮影:ジグメ・チョペル)

パシフィコ横浜の講演会場で聴衆席の参加者たちに手を振られるダライ・ラマ法王。


2016年11月17日、横浜(撮影:ジグメ・チョペル)

横浜国立大ホールで「思いやりのこころ―幸せへの鍵」と題してご講演された。


2016年11月17日、横浜(撮影:ジグメ・チョペル)

パシフィコ横浜での講演会でお話をされるダライ・ラマ法王。


2016年11月17日、横浜(撮影:ジグメ・チョペル)

講演会でダライ・ラマ法王に質問をしようと列をなす参加者たち。


2016年11月17日、横浜(撮影:ジグメ・チョペル)

講演会で参加者たちからの質問にお答えになるダライ・ラマ法王。


2016年11月17日、横浜(撮影:ジグメ・チョペル)

会場には約2800人が詰めかけた。講演は日本語のほか英語、韓国語、中国語、モンゴル語で通訳された。


2016年11月17日、横浜(撮影:ジグメ・チョペル)

進行状況を確認する、モデレーターを務めたアーティストの藤田里麻さんら。滞りなく講演を進めるため、舞台裏でさまざまな調整が行われる。


2016年11月17日、横浜(撮影:ジグメ・チョペル)

撮影禁止のアナウンスをお聞きになったダライ・ラマ法王は「撮影は構いませんよ、私は気にしません。どうぞお撮りください」と突然の撮影許可。聴衆から歓声が上がり、多くの人が携帯電話やスマートフォンを取り出して、舞台の法王の姿を動画や写真に納めた。今回、各地の法話や講演で、法王は決まって「格式ばったことはやめましょう。気取らず、あなたらしく」と呼びかけている。


2016年11月17日、横浜(撮影:ジグメ・チョペル)

パシフィコ横浜で「思いやりのこころ―幸せへの鍵」をテーマに行われた講演会のステージの情景。


関連リンク

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス