ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 

高校生に囲まれて


(2016年11月10日 法王庁

ダライ・ラマ法王は10日、大阪市天王寺区の清風学園清風中学・高等学校を訪問され、約3,000人の生徒を前に「Buddhism in the 21st Century(21世紀の仏教)」をテーマに講演された。清風中学・高等学校は高野山真言宗系の私立男子校で、仏教哲学に基づく教育を実践している。


2016年11月10日、大阪(撮影:ジグメ・チョペル)

清風学園清風中学・高等学校に到着され、学生たちにおどけて挨拶をされるダライ・ラマ法王。


2016年11月10日、大阪(撮影:ジグメ・チョペル)

ご講演の前に、3,000人を超える学生たちに挨拶をされるダライ・ラマ法王。


2016年11月10日、大阪(撮影:ジグメ・チョペル)

清風学園の校庭で3,000人を超える学生がダライ・ラマ法王のお話に聴き入る情景。


2016年11月10日、大阪(撮影:ジグメ・チョペル)

ダライ・ラマ法王のご講演を撮影する放送研究会の学生たち。マイクの音量調整など、裏方作業を務めた。


2016年11月10日、大阪(撮影:ジグメ・チョペル)

講演後の質疑応答では、30人以上の生徒が法王に質問したいと前に進み出て、長い列ができた。


2016年11月10日、大阪(撮影:ジグメ・チョペル)

質問を終え、握手を交わして、緊張しながらも笑顔になる生徒。


2016年11月10日、大阪(撮影:ジグメ・チョペル)

ご講演が終了し、学生たちに挨拶をされるダライ・ラマ法王。


2016年11月10日、大阪(撮影:ジグメ・チョペル)

「Thank you, Dalai Lama」「Good bye! Dalai Lama!」質疑応答を終えて会場を去る法王に、生徒たちは身を乗り出して叫んだり跳び上がって手を振ったり、全身で感謝と惜別を伝えていた。


関連リンク

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス