ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ダライ・ラマ法王 来日履歴>2015年4月 来日報告>ダライ・ラマ法王、環境シンポジウムで語られる

ダライ・ラマ法王、環境シンポジウムで語られる

(2015年4月6日 法王庁

(撮影:テンジン・ジグメ)

地球環境の未来について考える「次世代のための環境シンポジウム」が東京都内で開かれ、ダライ・ラマ法王は、村上和雄・筑波大名誉教授ら3人の科学者と環境について話された。
遺伝子工学の第一人者である村上名誉教授は「世界の科学者がいくら集まっても、大腸菌ひとつさえ作りだせません」と自然と生命の奥深さを説明した。

(撮影:テンジン・ジグメ)

「ひとりの人間は60兆個の細胞を持っています。天文学的な数の細胞が、臓器になり働いています。細胞にはお互いを支え、助ける仕組みが組み込まれているのです。細胞は見えますが、お互いを支える愛や思いやりといった心は目に見えない。本当に大切なものは見ることができないのかも知れません」(村上名誉教授・写真右)

(撮影:テンジン・ジグメ)

会場を満員に埋めた1100人の聴衆は熱心に聴き入った。ダライ・ラマ法王は「自国だけのことよりも地球環境全体を考えなければなりません」と広い視野を持つことの重要性に触れ、「人間は本来、ネガティブなものを持っているからこそ、良い行いをして心の中をポジティブなもので満たしていくのです。世界を破壊するのではなく、生命の環境を創造することが必要です」と話された。

(撮影:テンジン・ジグメ)

シンポジウムの最後、パネリストの新川眞氏(国際生態学センターコンサルタント)にカタを贈るダライ・ラマ法王。新川氏の福々しい頰を触り、いたずらっ子のような表情をされた。


関連リンク

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス