ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ダライ・ラマ法王 来日履歴>2014年>2014/4/15 高野山滞在最終日、講演後東京へ

ダライ・ラマ法王 2014年春来日報告

2014/4/15 高野山滞在最終日、講演後東京へ

2014年4月15日(www.dalailama.com

高野山:今朝、ダライ・ラマ法王は根本大塔を拝観された。昨日に続き、高野山は明るい朝の陽射しに輝いていた。根本大塔がそびえる壇上伽藍(大伽藍)は、弘法大使空海が密教の修行の場として創建した。根本大塔には胎蔵界の大日如来像を中心に、金剛界の如来像が安置されている。また、壁面上方には、弘法大師やナーガールジュナが描かれている。

His Holiness the Dalai Lama admires the wall paintings inside Daito Stupa
in Koyasan, Japan on April 15, 2014. Photo/Jeremy Russell/OHHDL

高野山大学の講堂では、今朝も800人の聴講者が法王を待っていた。法王は一息も入れず、すぐに講演に入られた。

「管長様、精神的兄弟姉妹の皆さん、このような機会をいただけたことを大変嬉しく思います。この度の法話会および講演会を主催してくださった高野山の皆様に感謝を申し上げます。静かで平穏な高野山での滞在を、私は大変良い気持ちで過ごさせていただいております。日本の伝統建築は暑さ対策に重きが置かれているので、唯一の問題は寒さです。では、昨日は質問にお答えする時間がありませんでしたので、まず質疑応答から始めましょうか。」

最初に高野山大学の生徒が、「法王様にとって、祈りとは何であるか教えてください」と質問すると、法王は次のように答えられた。
「祈りとは、すべての宗教に共通するものです。しかし、仏教やジャイナ教、サーンキヤ派には、創造主としての神の概念というものがありません。釈尊は弟子たちに、“あなたはあなた自身の主である。苦悩もよろこびもあなたの手の内にある”と言っておられます。」

「仏陀たちが他のもののカルマを洗い落とされることはありません。また、その帰結を取り除かれることもありません。仏陀たちは、その知識を他のものの心に伝達なさいません。仏陀たちは、現実を教えることによって、衆生を解脱へとお導きになられるのです。」

「仏教徒が仏陀・仏法・僧伽に帰依するとは、各自の心の中で仏法を育んでいくことを意味します。それが本当の帰依というものです。仏陀とは教師であり、僧伽とは伴に道を行く同行衆です。したがって私たちは勉強しなければなりません。聴いたことや読んだことを省察し、瞑想によってそれを心に馴染ませるのです。仏陀は医師、仏法は治療法、僧伽は看護師のようなものと言ってもよいでしょう。私たちは病気になるとお医者様に診ていただきます。しかし、処方箋を書いてもらうだけでは治りません。治すにはお医者様の指示に従い、薬を飲まねばなりません。」

Audience members line up to ask His Holiness the Dalai Lama questions
during his talk at Koyasan University Auditorium in Koyasan,
Japan on April 15, 2014. Photo/Office of Tibet, Japan

次に、「仏教の僧として一番大切にしていることを教えてください」という質問が挙がると、法王は次のように答えられた。

「律蔵・教蔵・論蔵に書かれている倫理・集中・智慧の訓練です。倫理には、菩薩戒と密教の戒律に加え、大乗・小乗共通の戒律も含まれます。密教の実践では、智慧に留まる禅定も行ないます。」

「私は毎朝3時に起き、祈りを唱えてから分析的瞑想を行ないます。私は比丘ですから昼食以降は食事を摂りませんし、8時には床に着いてしっかり眠るようにしています。夢を見る場合は、その日の日中に考えたことが夢に現れます。たいていは菩提心や空の観想ですから、夢の中でも分析を続けていることになります。もちろん密教では、夢を見ている状態もまた、光明を瞑想する好機とされています。」

続いて、高野山の印象を訊ねられると、法王は、高野山は静かで平穏なので、瞑想に最適である、とその環境を讃えられた。そして、講演の最後に時間があれば、さらに様々な質問に答えたい、と述べられた。

「私は各地を訪問させていただくとき、必ず一般の方々のための講演を入れるようにしています。一般の方々にお目にかかるのは、私にとっても非常に大きな楽しみであるからです。それはなぜかと言いますと、人はだれも皆、幸せな人生を送りたいと思っています。動物や鳥でもそう思っています。だれも苦痛を望んではいません。これは、証明するまでもないことです。とはいえ、私たち人間は他の有情とは異なります。なぜなら、私たちには知能があり、この知能が大きな可能性を開いてくれるからです。私たちは皆、精神・身体・感情において遺伝子のレベルで同じひとつの人間です。そして私たちは皆、幸せな生活を望んでいます。近年の目覚ましい発展により、内面的価値よりも物質的価値に重きが置かれるようになりました。日本も例外ではありません。その結果、私たちは多くの問題に直面しています。しかも、その問題の多くは私たち自身が作ったものです。現代社会に暮らす人々の多くは、知覚レベルの満足に重きを置いています。私たちは心地良いものを好みます。美しいものを目にし、心地良い音を耳にして、満足を覚えます。同様に、香りや味が良いもの、性交渉などによる心地良い感覚からも喜びを得ます。動物も同じように感覚的な経験をしています。しかし、私たちには素晴らしい脳があり、知性がありますから、動物よりもはるかに豊かな精神レベルの経験をしています。」

His Holiness the Dalai Lama during his talk at Koyasan University Auditorium
in Koyasan, Japan on April 15, 2014. Photo/Office of Tibet, Japan

「精神的経験には、ストレスや心配、苦痛などさまざまな経験も含まれます。感覚的経験によって、精神レベルで感じている強烈な痛みや喜びが相殺されることはありません。注意をそらすことはあるかもしれませんが、凌駕することはないのです。一方で、心に揺るぎない平和の感覚があるならば、負の経験にさえ、さほど動揺しないでしょう。また、心の平和は健康にも良い影響を与えます。これに対し、怒りや憎しみ、恐れは免疫システムに悪影響を与えることが医学的にも証明されています。身体も、穏やかでいるほうが幸せなのです。」

法王は笑いながら、さらに次のように述べられた。
「若い人たちが外見を重視しているのを目にすると、私は、大切なのは思いやりや愛情深さ、他者を尊ぶといった内面的な美しさだ、と言ってからかいます。内面的な美しさを根拠に決めた結婚のほうが、外見を重視して決めた結婚よりもはるかに幸せで長続きすると思います。」

「現代社会では、教育システムにおいてさえ、物質的・実利的価値に重きが置かれています。私は思想家や教育学者と対話を行なってきましたが、彼らもまた、倫理学を教育システムに組み入れていくことの必要性を提唱しています。そしてこのような倫理学は、信仰心の有無とはまったく関係のないことです。私たちは人間であり、倫理的な価値観が必要なのです。とりわけ米国では、専門家と共に世俗的倫理を教育現場に持ち込むプロジェクトが進められてきました。今のところ、有望な結果が出ています。私たちは皆、70億の人間の一部なのですから、人間全体の幸福を考えていかねばなりません。日本の経済が他の国々に影響を及ぼしているのも、相互依存の関係にあることの一例です。」

「環境や気候の変化も地球規模の問題なのですから、ヨーロッパだけ、アジアだけ、アフリカやアメリカのことだけを考えていてはいけません。私のことだけ、私たちのことだけでなく、皆のことを考えなければなりません。この青い惑星で起きていることは、この惑星に住んでいる私たち全員に影響することです。人類全体の利を考えなければなりません。「私たち」「彼ら」という考え方は、友人か敵かという区別の土台となり、戦争を助長することになりかねません。私たちは、世界中の不公平がなくなるように、裕福な人々と貧しい人々との格差がなくなるように、ひいては貧困をなくす必要さえもなくなるように取り組んでいかねばなりません。そしてその責任は、私たち70億の人間が背負っているのであり、仏陀やキリスト、モハメッドやクリシュナの肩にあるのではありません。何年か前に広島で行なわれた世界平和サミットに出席したとき、私は、“世界平和は祈るだけでは実現しない、行動を起こすことが必要だ”と申し上げました。“行動を起こすこと”は、日本の皆さんがよく理解しておられることです。ですから、“ありがとうございます”と皆さんに申し上げなければなりません。」

A view of the stage at Koyasan University Auditorium, venue
for His Holiness the Dalai Lamam's talk in Koyasan,
Japan on April 15, 2014. Photo/Office of Tibet, Japan

続いて、参加者から「人はなぜ嘘をつくのでしょうか?」という質問が挙がると、法王は次のように答えられた。
「嘘をつくのは、物事を狭い範囲で近視眼的に見ているからだと思います。友情は、信頼、正直、誠実を土台に築かれます。これは集団が幸せに暮らしていくための土台でもあります。」

次に、密教における性的エネルギーについて質問が挙がると、法王は、「チベットのタンカや仏像などで目にする父母仏のお姿を、世俗的な男女の性的関係を表したものと誤解してはいけません。このような誤解を性交渉のいいわけに利用している指導者がいるようですが、完全なる不正です。」と警告された。

続いて、「自分が成し遂げようとしていることを他の人たちが妨害する場合、どう対処すべきか」という質問が挙がると、法王は次のようにアドバイスされた。
「現実的に物事を見て、自分に何ができるか、もう一度見直すことです。希望的観測は失望を引き起こしかねません。また、妨害してくる相手を許すということは、その妨害を相殺するための手立てを講じられないということではありません。」

また、「すでに私たちが仏陀であるならば、なぜ私たちは煩悩にさいなまれなければならないのでしょうか」という質問が挙がると、法王は次のように答えられた。
「このような疑問を持たれるのは、仏陀の性質というものを誤解していらっしゃるからです。仏陀の性質を得ているというのは、すでに一切智者であるという意味ではなく、私たち全員に悟りの境地を達成する可能性があるという意味なのです。」

最後に、「法王様が一番大切になさっている本を教えてください」という質問に、法王は次のように答えられた。
「般若心経などの経典です。経典という尊いものだから大切にしているのではありません。勉強の対象として、非常に大切な書物だと思っているからです。若い皆さんも、もっと勉強に心血を注がれるとよいと思います。今回お話した内容のテキストもあるのですから、これをよく勉強してください。また高野山を訪れる機会があったら、皆さんをテストいたしましょう。こうして皆さんとお話できて、とても楽しかったです。ありがとうございました。」

会場いっぱいの笑顔と拍手喝采に見送られ、法王はステージを後にされた。


ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス