ダライ・ラマ法王日本代表部事務所 チベットハウス・ジャパン検索サイトマップメニュー
 
ホーム>ダライ・ラマ法王 来日履歴>2011年秋 来日報告>9日目-2 郡山・講演/法王、福島県在住の被災者に対し、困難を乗り越える力について語る

ダライ・ラマ法王 2011年秋来日報告

9日目-2 郡山・講演/法王、福島県在住の被災者に対し、困難を乗り越える力について語る

2011年11月6日

東日本大震災の被災地訪問の旅の一環としてダライ・ラマ法王は福島県を訪問し、地震後の原発事故により放射能の脅威に晒されている被災者たちに、困難を乗り越える力について語った。

事故が起きた福島第一原発から100キロ離れたところにある郡山市の日大キャンパスの講堂に集まった数千人の満場の観衆を前に、法王は、悲劇的な状況のなかでも、静寂な精神を保ち、自分を頼む心を持って現実的な対応をすることが、精神レベルで問題に取り組むための鍵となる、と述べた。

「あなたの免疫システムがうまく作用していれば、身体の健康は守られるでしょう。でも、心が乱れていたら、どんな小さい問題にも耐えることができなくなるでしょう」と、法王は言った。

一人の観衆が法王に対し、「他者に気を遣い、尊重していても、物理的問題が絶えず起きる理由についての見解」とを求めた。「他者がどのように反応しようとも、その人を助けたいと思う動機において正直でなければなりません。さもなくばそれは純粋な慈悲ではありません。純粋な慈悲は偏りのないものです。慈悲を真摯に実践しようとすれば、敵から良い反応が返ってくることを期待してはいけません」と、法王は答えた。

もう一人の観衆は、福島を捨てて安全な場所に行くべきか、しかしそうすれば共同体への帰属を失ってしまうのではないか、というジレンマについて語った。法王は、それは、安全の問題だ、と語った。その質問に一番良い回答を与えられるのは科学者であり、もし、科学者が、福島に住み続けるのは危険だと言えば、あなたは福島を去らなければならない、と言った。

困難な状況で平和な心を作っていくにはどうしたらよいか、という質問に対し、法王は、知性を使い、現実を直視することで心の平和が得られる、と答えた。心が平和になれば、勇気と決断力という内面の力が増し、物事を前向きに、バランス良く捉えられるようになる、と語った。

観衆のなかにいたある教師が、ここでは放射能の脅威が広がっていて、幸福感が得られない、と述べた。法王は言った——「そうしたケースでは、私はいつも、悲しみを分かち合います。私たちには人間的知性が備わっているので、同じ人間社会に属する社会的な動物として、苦しみのなかにいる人々を助けることができるのです。あなたは一人でない、全人類があなたに味方しているといつも考えるようにしなさい。不幸は、恐怖と無力感から生まれるからです」。

別の人が、法王はこの世は良い方向に向かって進んでいるとした自身のこれまでの考えに変わりはないか、と質問した。法王は答えた——「過去に起きた様々な出来事を振り返ってみれば、より楽観的になるべき理由は沢山あります。昨日、私は津波被害の大きさを目撃しました。でも、それはこの世の終りではありません。
地球環境の変化のせいで、今後、自然災害は増えるかもしれません。でも、それが世界を完全に破壊しつくすことはないでしょう。世界は、また数千年は続くでしょう。それでも、人々は不平を言い続けます。70億人近い人類の一人一人に、何かしら不平をこぼす口実があります。だから、心配しないで、楽観的になりましょう」。心強い法王の発言を、観衆は大喝采で迎えた。

講演の冒頭、法王は、この世の主だった問題は、十全な現実認識能力を持たない人間が人為的に作り出したものだ、と言った。「現実を認識せず、問題を一方向からだけ捉えようとすれば、問題に対処するアプローチは非現実的なものになります。問題に対処するには、それを全体的な観点から見直す必要があります」。

法王は、人間が作り出した問題は、道徳倫理の欠如から生まれたものでもある、と言った——「現代の教育は物質志向が強いようです。全体的、かつ非宗教的な教育システムことが、道徳倫理を発展させる鍵となり、個人、家族、社会、地球のレベルで幸福と平和に到達するために最も大切な要素となるのです」。

法王は、道徳倫理は普遍的であり、自分自身と他者の両方に幸福と平和をもたらすと説明した——「宗教を信じようが、信じまいが、親切や、慈悲や寛容を愛する心は普遍的です。宗教は普遍的にはなり得ませんが、世界のあらゆる宗教は、正しい価値観について同じメッセージを送っています。個人、家族、社会、そして地球のレベルで道徳的な原則を発展させていけば、平和と安全が得られるでしょう。ですから、宗教的な方法とは異なったやり方で、教育のなかで道徳倫理を広めていく必要があります。道徳倫理を教えるという点では現代の教育システムは相応しくありません」。

「世界トップ・レベルの科学者たちや、ウィスコンシン大学、スタンフォード大学、エモリー大学といったアメリカの大学は、内面の良い感情が、人間の行動と人生の生き方に与える影響について特殊な研究を行っています。怒りと憎しみといった悪しき感情は、私たちの免疫システムに有害な半面、親切、慈悲、寛容を愛する心といった良き感情は、健康維持に非常に有用だと実証されています。これらの大学では、こうした非宗教的倫理を、宗教的なアプローチとは異なった方法で現代教育に導入するにはどうしたらよいか、という研究をしています」と、法王は語った。

「あなたの大学も、非宗教的倫理についての研究をパイロット・プロジェクトとして、さまざまな報告書を発表して議論を深めていくべきです」と、法王は日本大学の学長に対して言った。

法王はまた、金銭が内面の平和をもたらすことはなく、不安や心配やストレスをもたらし、時として家庭や社会を分断に導く、と強調した——「問題が物質的発展だけで解決すると思うのは大きな間違いです。幸せな生活の源は物質的に発展していくことではなく、心の内側の価値にあるのです」。

さらに法王は、内面の価値を広めていく方法について詳細に語った——「私たちは生まれたときから非宗教的な倫理を持っています。お母さんが子供にする世話、お母さんと子供の物理的な接触は、子供の脳の発達にとって非常に重要です。お母さんから最大限の愛情を受け、ちゃんと世話された子供の内面は、そうでなかった子供よりずっと幸せです。こうした愛情を貰えなかった子供の心は不幸です。私自身のケースで言えば、私の母は文盲でしたが子供たちに対して、とても温かい心で接していました。母が怒った顔は見たことがなく、母が静寂な心と慈悲を離れたことはありませんでした。ですから、お父さん、お母さんは、最大の愛情を注ぎ、子供の世話をすることがとても大切です。経済的に貧乏でも、愛や互いに対する気遣い、信頼のある家族は幸せなのです」。

この日の午前中、法王は仙台市の聖和学園高校で基調講演を行った。このイベントはメディア非公開だった。
法王は郡山市を離れ、東京に向かった。これにて法王は、慰霊供養、講演会、東日本大震災の被災者との会合などを目的とした10日間の日本訪問の旅程を全て終了した。


 (翻訳:吉田明子)

ページトップへ戻る


トップページサイトマップお問い合わせ

チベットの現状をご理解して頂き、どうもありがとうございます。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所はチベット亡命政権の代表機関として維持しつつ、さらに幅広い広報活動を続けるため、日本の皆様に暖かいご支援をお願いしております。ご寄付される方は、以下の口座宛てにご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

金融機関名:ゆうちょ銀行
口座記号番号:00100-1-89768
加入者名:チベットハウス